住信sbiネット銀行のフラット35の商品内容をご案内しているページです。ずっと金利が変わらない&全疾病保障でW(ダブル)で安心の住宅ローンを詳しくお伝えしています。 住信sbiネット銀行のネット専用住宅ローンでは、さらにお得なサービスがあります。 団体信用生命保険の保険料に関しては住信sbiネット銀行側の負担ということから利用者の負担は実質0円で利用すること … 住信sbiネット銀行住宅ローンは、金利が低くて保障が充実しているという、一見すれば幅広い方にとってメリットのある商品になっています。 ただ一方でデメリットも存在するため、事前にしっかりと把握しておく必要があります。 デメリット 全疾病保障が適用されにくい. 住信sbiネット銀行「ネット専用住宅ローン」の概要. 住信sbiネット銀行のネット専用住宅ローンのすごさは金利だけではありません。 住宅ローン返済期間中に万が一のことがあった場合、保険金によって住宅ローンの完済を行う団体信用生命保険(団信)に加え、すべての病気・ケガをカバーできる全疾病保障にも無料で加入することができます。 住信sbiネット銀行住宅ローンは、金利が低くて保障が充実しているという、一見すれば幅広い方にとってメリットのある商品になっています。 ただ一方でデメリットも存在するため、事前にしっかりと把握しておく必要があります。 住信sbiネット銀行の住宅ローン。住宅ローンのお借換えを検討中のかた、マイホームを新規購入されるかたは必見。魅力的な金利で保障も充実。団信、全疾病保険料は銀行が負担します。まずはシミュレーションでおトクさを実感してみてください。 住信sbiネット銀行はおすすめ? 団信に加え 無料で付帯する全疾病保障 、その上 変動金利での業界トップクラスの低金利 を実現していることで、表示されている金利だけをみれば変動金利では借り入れ候補に入れるべき住宅ローンとなっています。 住信sbiネット銀行住宅ローンの金利プランの一つ、通期引き下げプランの説明ページです。通期引き下げプランのメリットとデメリット、また固定金利や変動金利の場合の違いを説明しています。 住信sbiネット銀行の住宅ローンは魅力的な金利で、補償も充実。他行から借換えのかたにも、新規にマイホームを購入されるかたにもおすすめの住宅ローンです。 この特集ページではそんな住信sbiネット銀行の住宅ローンのデメリットや落とし穴になりそうなポイントを中心に解説した … sbiマネープラザでどのような住宅ローンの相談ができるかご説明するページです。ミスター住宅ローンreal、住信sbiネット銀行フラット35等の商品を取扱っており、住宅ローンの相談ができる店舗のご案内もしております。 住信sbi ミスター住宅ローンreal(対面でご相談&お手続き) 住宅ローンの正式審査通過後、webサイトで契約内容の登録をしてください。 登録には各種パスワードが必要です。住信sbiネット銀行の口座を新規で開設されたかたは、お早めに初期設定を行ってください。 ここでは住信sbiネット銀行が提供する住宅ローンの特徴、金利や審査の期間、評判や口コミなどについて解説します。各社それぞれ特徴が異なるので、契約しても自分にデメリットがないか見極めが肝心です。他の住宅ローン会社とも比較してしっかりと検討しましょう。 対面でご相談可能。しかも好金利を実現! 住宅ローンに関する小さな質問やあやふやな悩みを店舗(対面)でご相談いただけます。 住信sbiネット銀行が提供しているフラット35による住宅ローンについては「住信sbiネット銀行のフラット35」をご参照ください。 保証料無料、団体信用生命保険料・全疾病保障保険料が無料、一部繰上返済手数料は0円といった利便性に加えてて、金利の安さから非常に強みのある住宅ローンです。 住信SBIネット銀行の住宅ローンをご検討中なら、まずは価格.comをチェック!住信SBIネット銀行の詳細情報や住宅ローンのシミュレーションを利用して、おトクな住宅ローンを探そう! 住信sbiネット銀行の住宅ローンの審査基準・金利など徹底解説します。住信sbiネット銀行の住宅ローンの審査は厳しい?金利は低い?借入可能額はどれくらい?住信sbiネット銀行で住宅ローンを借入を検討している方の参考になればと思います。 住信sbiネット銀行のミスター住宅ローンrealの商品内容をご案内しているページです。充実の保障で万が一のときも安心な住宅ローンをご案内しています。 これはネット銀行の住宅ローンでほとんど設定されている額ですので、住信sbiネット銀行住宅ローンが著しく高いわけではありません。 金利が低くて、保証料がかからない分、融資事務手数料でかかる金額をしっかり計算しておかないといけません。 住信sbiネット銀行の住宅ローンの審査基準・金利など徹底解説します。住信sbiネット銀行の住宅ローンの審査は厳しい?金利は低い?借入可能額はどれくらい?住信sbiネット銀行で住宅ローンを借入を検討している方の参考になればと思います。 住信sbiネット銀行 【新規借入れ専用】団信・全疾病保障付き「ネット専用住宅ローン」(通期引下げプラン) 金利の上乗せ無しで団信はもちろん、全ての病気・ケガをカバー! 住信sbiネット銀行はおすすめ? 団信に加え 無料で付帯する全疾病保障 、その上 変動金利での業界トップクラスの低金利 を実現していることで、表示されている金利だけをみれば変動金利では借り入れ候補に入れるべき住宅ローンとなっています。 ネット住宅ローン最大規模の住信sbiネット銀行! 住宅ローン実行額6兆円突破! 変動金利は他銀行の追随を許さない圧倒的な低金利を実現! 全ての病気やケガに備えられる全疾病保障が無料!! 一部繰り上げ返済手数料も無料! 住信sbiネット銀行住宅ローンの金利プランの一つ、通期引き下げプランの説明ページです。通期引き下げプランのメリットとデメリット、また固定金利や変動金利の場合の違いを説明しています。 住信sbiネット銀行の住宅ローン付帯の「団体総合生活補償保険」サービス終了のお知らせ. このページでは、住信sbiネット銀行の住宅ローンの変動金利とフラット35についてまとめてあります。 住信sbiネット銀行は、三井住友信託銀行とsbiホールディングスが共同出資するネット銀行です。2019年4月に住宅ローン・・・ 住信sbiネット銀行が提供しているフラット35による住宅ローンについては「住信sbiネット銀行のフラット35」をご参照ください。 保証料無料、団体信用生命保険料・全疾病保障保険料が無料、一部繰上返済手数料は0円といった利便性に加えてて、金利の安さから非常に強みのある住宅ローンです。 住信sbiネット銀行の「ネット専用住宅ローン」はネットバンクならではの低い金利、万が一の場合に備える手厚い保障制度が人気の住宅ローンです。ネット専用住宅ローンのメリットや審査について説明し … 住信sbiネット銀行 保障内容を確認 . 住信sbiネット銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリットとは? 2021年1月4日 特集. 住宅ローン借り入れの際に、手数料、引越代、仲介手数料といった諸費用まで貸してくれる、銀行が増えている。現在は、手持ち資金がない「頭金なし」の住宅ローンが大半を占めるが、その上、昔なら現金で用意しなければならなかた「諸費用」まで借りることができる時代なのだ。 auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信・全疾病保障・月次返済保障の3つの疾病保障による手厚い保障に注目です。, ネット銀行の低い金利と無料の疾病保障が付帯する手厚い保障の住宅ローンを専門家に住宅ローンの疑問や悩みを相談しながら借り換えを行えるのがSBIマネープラザの大きなメリットです。, 変動金利(変動セレクト住宅ローン)は0.507%で事務手数料が借入額の2.20%(税込)ですが、金利が少し高い0.807%で事務手数料が44,000円(税込)の住宅ローンも用意されています。 どちらも無料の疾病保障が付帯する手厚い保障でおすすめです。, auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い変動金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信・全疾病保障・月次返済保障よる手厚い保障に注目です。, 変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準の変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。, 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合に利用できる変動セレクト住宅ローンの変動金利は、低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん団信50が特徴です。 事務手数料が44,000円(税込)の住宅ローンも用意されています。, auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信・全疾病保障・月次返済保障による手厚い保障は非常におすすめです。, ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん団信50が魅力です。 新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。, 各銀行の2021年1月の住宅ローン金利が出揃いました。 多くの銀行の中から金利が低く、無料の疾病保障などの高い付加サービスを実現している住宅ローンを選びたいですね。 そこで1月におすすめのネット銀行の住宅ローンを紹介します。…, 住宅ローンを比較するうえでもっとも重要な要素はもちろん金利です。最近は「独自サービス」が付帯した住宅ローンが増えていますが、それでも最初に比較すべきは金利です。これを念頭に住宅ローン選びを行ってください。 また、金利比較の次に重要になるのが住宅ローンの借り入れ・借り換えにかかる様々な諸費用です。 その代表的なものが住宅ローンの保証料や事務手数料です。最近は団体信用生命保険の保険料は銀行負担になっています。 3つ目の比較ポイントは疾病保障のサービスです。疾病保障は銀行によって無料から有料まで様々ですが、将来の病気に備えることは重要なポイントです。 つまり、住宅ローンを選びは金利で絞り込みながら諸費用と疾病保障サービスを加味して比較するとよいということですね。, 住宅ローンの金利は大きく3種類。 「変動金利型」と「固定金利型」と「固定金利選択型」があります。 とにかく金利を低く抑えたい方は「変動金利型」、金利が高めになる代わりに借入期間の住宅ローン金利を固定するが「固定金利型」です。 まずは、金利タイプごとのメリット・デメリットを把握して金利タイプを選びましょう。 なお、住宅ローンの金利を比較するときは、異なる金利タイプで住宅ローンを比較するのではなく、同じ金利タイプで比較しましょう。 超低金利時代が続いているので今は変動金利タイプが人気です。 次いで10年固定金利・長期固定金利が人気を集めています。銀行間を比較する時は変動金利と変動金利、固定金利と固定金利で比較するようにしましょう。, マイホームは人生最大の買い物とよく言われます。そのマイホームを購入する為に利用が必要になる、住宅ローンは長い期間返済が続きます。 少しの金利差や商品性の違いによりその後の生活に大きな影響がでてきます。住宅ローンを返済している最中に転職することもあるでしょう。会社の倒産、病気による収入減、金利の上昇など様々なリスクがあります。 住宅ローンの観点で重要になるのは疾病保障の扱いです。団体生命保険に疾病保障が無料で付帯している住宅ローンや、がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になる保障が付帯する住宅ローンも登場し、今では住宅ローンに疾病保障サービスが付帯させるのはあたりまえの時代になっています。, 住宅ローンを借りる際には、借入れを申請した銀行や保証会社が審査を行います。これは簡単に言うと、あなたがきちんと住宅ローン返済ができる人物か、担保になる物件が相応の価値があるかどうかを審査するものです。 せっかく良い銀行・良い住宅ローンを選んでも、住宅ローン審査に落ちては意味がありません。また、審査に通っても、希望額の減額や金利を高く設定されては返済計画を考えなおさなければならない事態になってしまいます。そうなる前に、事前に住宅ローン審査のポイントを理解して万全の準備で望みましょう。, 史上稀にみる低金利が続いている現在は、住宅ローンの借り換えの大チャンスです。 住宅ローンの借り換えのポイントは、諸々のコストを含めたトータルの支払額を比較することです。借り換えない場合の今後の総支払額と、借り換えた後の総支払額と事務手数料・保証料の差額・団信費用・収入印紙代・登録免許税・登記費用などのトータルコストを比較することになります。 一般的には金利差が1%以上あり、ローン残高が1,000万円以上残っていて、残りの返済期間が10年以上あると、借り換えがお得と言われています。, 「スマホで銀行取引を完結できるスマホ銀行」をコンセプトにした新しいネット専業銀行です。 その特徴は業界最低水準の低金利と「がん50%保障団信」「全疾病保障」・「月次返済保障」が無料で付帯することです。, 家を買おうと思っていたところ、マイナス金利で金利が下がったことで決心しました。 以前から、住宅ローンのことや銀行の比較などを考えていて、今借りるなら変動金利にしようと思っていました。変動金利では、auじぶん銀行、ソニー銀行、が変動金利で0.5%を下回る金利になっていたので、この2社に申込みました。 年収は650万円で借入希望額は2900万円で、事前にクレジットカードを整理して申し込んだ結果、両方共審査に合格できました。ここで今度はこの2社のどちらにするか悩む事になりましたが、決め手になったのはがん50%保障団信です。ソニー銀行では団信以外に無料で付く保障はなく、auじぶん銀行に決めました。 手続きの書類に関しても手間はかかりましたが、思っていたほど難しいことはなくこれで返済額が大幅に減るのであれば絶対にチャレンジしてみるべきです。 住宅メーカに勧められるままに住宅ローンを申し込むのではなく、最近はこういった比較サイトが充実しているので一回返済総額を比べてみるとやる気も出てくると思いますよ。, マイナス金利導入で、住宅ローン金利が上がらないだろうと予想して金利タイプは変動金利に決めていました。 ネットで金利を比較して、変動金利の低い、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行の3つの候補に絞りました。この3つ全てに申込み、審査を通ったのが、auじぶん銀行と住信SBIネット銀行でした。どちらも無料の疾病保障がついていたので、悩んだ結果、親族にがんを患った人が多く、私も定期的に健診を行っていたので、がんに特化して対応してくれる「がん50%保障団信」は決め手になりました。 口コミで皆さんがおっしゃっている通り、書類の用意や同意は全て自分で行うのでやはり大変でした。その辺りはネット銀行では仕方ないことかもしれません。その代わりに金利が低いと言い聞かせて頑張りました。審査の申込みから合格?までは1ヶ月かかりました。マイナス金利以降、申込みが増えているため通常より時間がかかっているそうです。 住宅ローンを申し込んだ時の状況としては、車のローン、キャッシング、リボ払いなどはなく、キャッシュカードは3枚持っていましたが審査には問題なかったようです。意外に携帯電話の割賦払いで信用情報に傷がつくことがあるそうで、事前に確認しておきました。 住宅ローンをネット銀行で申し込むなら、今はネットで金利の比較から住宅ローンで気をつけなければいけないチェックポイントなども簡単に調べられるので、事前の下調べをしておくと、申込みもスムーズになると思います。はじめからネット銀行を希望していても、窓口のある銀行で相談してみるのも良かったかもしれません。 無事にauじぶん銀行で契約できましたが、申し込む際は、時間的なゆとりを持っておくと良いと思います。, 30代の会社員です。購入物件は、3800万円の新築建売住宅でした。 色々と銀行を比較したのですが、どうせなら金利の低いネット銀行にダメ元で申込みました。審査には、auじぶん銀行の他に、住信SBIネット銀行、ソニー銀行の3つのネット銀行に申込みましたが、審査を通ったのがauじぶん銀行だけでした。また、がん50%保障団信も診断されただけで保障されるという事で、親族にがんが多い私には安心の保障です。 変動金利の最低金利で借入できましたし、マイナス金利のうちにガンガン繰上返済をして元本を減らしたいと思います。 ただ、ちょうど、マイナス金利で借り換えの申込みが殺到していたらしいのですが、審査は宣伝よりも時間がかかりました。, ソニー銀行は、ソニーと三井住友銀行の共同出資により設立され、ソニーフィナンシャルホールディングス傘下のネット銀行です。 オリコンランキング住宅ローン部門で10年連続1位を取得するなど多くの利用者に選ばれるメリットの多い住宅ローンです。, ソニー銀行を選んだ大きな目的な、諸費用の安さです。金利は少し高めでしたがその分諸費用は検索した銀行の中でも最安の水準でした。 物件の購入を想定し貯蓄をしていたこともあり、せっかくためた現金をなんの意味もない手数料として支払うことに疑問があり、物件に関しても近い将来売却も視野に入れていたので、多少金利が高くても事務手数料が安いソニー銀行の住宅ローンを選びました。ネット銀行ということもあり、住宅ローンを利用する以前から利用していたので違和感なく利用できました。, 新生銀行の住宅ローンは他にはないサービスで人気を集める銀行です。 インターネットバンキングや外貨建預金、豊富な選択肢のあるキャッシュカードなど日本の銀行とは違った個人向けサービスに力をいれており、住宅ローンにおいてもネットを中心とした顧客獲得に力を入れています。, SBIマネープラザは、証券・保険・住宅ローン・銀行預金などの多種多様な金融商品を扱っている国内ネット証券最大手のSBIグループの1つです。, SBIマネープラザに決めたのは金利と対面相談です。借り換えでの利用のため相談したことが多数ありました。都市銀行でも対面相談はできますが肝心の金利が高く思ったほど借り換えの効果がないこと気づき、金利が低い上、店舗を持っているSBIマネープラザで借り換えを行いました。担当者の方が親切で申込みから審査、借り入れまでスムーズに行うことができました。, SBIマネープラザは資産運用で利用していましたが、住宅ローンも取り扱っていることから担当者に進められて借り入れを行いました。金利を比べても住信SBIネット銀行と同じで納得の借り入れができました。, 会社の近くに店舗があったのがきっかけで住宅ローンの相談をしました。 担当者の方は丁寧かつ熱心に説明してくださり納得して借り入れを行うことができました。審査もギリギリのようでしたが担当者の方がなんとかしてくださり、本当に感謝しています。, イオン銀行は、大型スーパーで有名なイオングループの銀行です。 2008年1月から住宅ローンの提供をはじめ、全国のイオンモールに対面相談できる窓口を展開するネット銀行です。, 楽天銀行といえば「フラット35」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このページに訪れた方も「フラット35」を利用しようして検索したという方が大半だと思います。 楽天銀行の「フラット35」は2016年度に取扱い件数 …, 新生銀行の住宅ローンは、諸費用を低く抑えられる住宅ローンです。 諸費用が安いということで新規の借入れだけでなく借り換えでも借入れ候補に検討している方もいるかも知れません。 このページでは、新生銀行の住宅ローンの良いところ …, ジャパンネット銀行は国内でも最も早くインターネット銀行として開業した銀行です。 今ではメガバンクの一角、三井住友銀行とZホールディングス(旧ヤフー)という2大企業と提携し、ヤフオクや様々な場面で目にしたことがあると思いま …, 2019年より新たに住宅ローン事業に参入したジャパンネット銀行。 変動金利と10年固定金利で他の銀行よりも低い金利となていることで、住宅ローンの利用を検討していた方もジャパンネット銀行に注目しているのではないでしょうか。 …, SBIマネープラザは、住宅ローンでも一番人気といってもよい住信SBIネット銀行やSBI証券など束ねるSBIホールディングスの傘下の金融機関です。 基本的にネットを使用したやり取りが多いSBIホールディングスの中で店舗を持 …, 住宅ローンを利用するためには基本的に団体信用生命保険(団信)に加入しなければなりません(フラット35や一部の例外を除く)。   団信は生命保険の一種で、保険会社による加入審査があり、健康上の問題があると加入でき …, ソニー銀行の住宅ローンについて ソニー銀行は2001年に開業し、ジャパンネット銀行や楽天銀行(旧イーバンク銀行)と並んで日本でもっとも歴史のあるネット銀行の1つです。日本で初めて住宅ローンの取扱いを始めたネット銀行はソニ …, ソニー銀行は2002年に日本で始めてネット銀行として初めて住宅ローンの取り扱いを開始し、2020年9月末時点で住宅ローンの残高は2兆円を超えていて、非常に多くの人がソニー銀行の住宅ローンを利用しています。   …, この特集ページではそんな住信SBIネット銀行の住宅ローンのデメリットや落とし穴になりそうなポイントを中心に解説したいと思います。   「住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリットや特徴をまだ完全に理解しきれてい …, この記事では、住宅ローンは疾病保障サービスが似ている(採用している保険会社が同じ)、auじぶん銀行とソニー銀行の住宅ローンを比較しています。     ソニー銀行の住宅ローンについて ソニー銀行は日本で …, 異なる金利タイプで住宅ローンを比較するのではなく、同じ金利タイプで比較しましょう。, 今では住宅ローンに疾病保障サービスが付帯させるのはあたりまえの時代になっています。, 金利差が1%以上あり、ローン残高が1,000万円以上残っていて、残りの返済期間が10年以上ある, [auじぶん銀行・住信SBIネット銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較してみよう, 住宅ローン審査基準 通らない理由、落ちた理由が知りたい方必見/国土交通省 調査結果, ソニー銀行の住宅ローンのメリット・デメリットは?(金利・金利推移・手数料・団信・審査基準), ※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。, ※1 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は, ※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。. ※ 表示金利は----年--月 に住宅ローンを実行する場合の適用金利(年率)です。 金利は毎月見直しを行い、金利情勢の変動などによっては月中に変更する場合があります。また、実際の適用金利はお申込時ではなく、お借入日(お借入実行日)の金利が適用されます。 住信sbiネット銀行では8大疾病をさらに充実させた「全疾病保障」が無料で提供されるので、表記の金利よりもさらに「マイナス0.3%」として住宅ローン金利を計算すると、住信sbi住宅ローンの本来の凄さがわかります。 実店舗がない怖さ 主要銀行・800件以上 最新の住宅ローン金利を比較!専門家の住宅ローン金利動向の解説、各銀行の金利推移グラフ、金利別ランキングから最も得するローンがすぐにわかります。利用者の評判も多数掲載、住宅ローン金利の比較なら価格.comをチェック! 住信sbiネット銀行が2021年1月の住宅ローン金利を発表しました。変動金利は業界でも高い競争力を有していますが、固定金利は割高感が強くなっています。ライバル行との金利比較も紹介し … 主要銀行・800件以上 最新の住宅ローン金利を比較!専門家の住宅ローン金利動向の解説、各銀行の金利推移グラフ、金利別ランキングから最も得するローンがすぐにわかります。利用者の評判も多数掲載、住宅ローン金利の比較なら価格.comをチェック! 住信sbiネット銀行 保障内容を確認 . 住信sbiネット銀行のフラット35の商品内容をご案内しているページです。ずっと金利が変わらない&全疾病保障でW(ダブル)で安心の住宅ローンを詳しくお伝えしています。 ネット専用住宅ローンのお客さま向け金利引き下げプラン ※1 審査の結果によっては、別途0.1%の金利が上乗せとなる場合がございます。 ※2 変動金利を選択した場合、当初の特約期間は、お借入れから60ヵ月経過した後の6月または12月(いずれか早い方)の返済日までとなります。 こんにちは、千日です。最近、住宅ローンの金利動向に変化の兆しです。そこで、変動金利でも最低金利である、「りそな銀行」、「住信sbiネット銀行」への借り換えにメリットがあるのかどうか、どんな人がメリットあるのかを調べました。 住信sbiネット銀行の住宅ローンを選ぶ大きなメリットは、 低金利 かつ全疾病保障が 無料 という点です。 「少しでも低い金利で住宅ローンを組みたい人」、「コストをかけずに手厚い保障をつけたい人」におすすめできる住宅ローンです。 「 sbi 証券口座保有登録済 」であることと、「 当社取扱い住宅ローン残高があるお客さま 」であることを両方とも満たす場合でも、金利の引下げは年0.5%とします。 ※ 『フラット35(買取型)』、『ミスターパッケージローン』は対象外です。 住信sbiネット銀行は、2007年に住友信託銀行(三井住友信託銀行)とsbiホールディングスが出資して設立されたインターネット専業銀行です。 このページでは、住信sbiネット銀行の住宅ローンの変動金利とフラット35についてまとめてあります。 住信sbiネット銀行は、三井住友信託銀行とsbiホールディングスが共同出資するネット銀行です。2019年4月に住宅ローン・・・ 住信sbiネット銀行が2021年1月の住宅ローン金利を発表しました。変動金利は業界でも高い競争力を有していますが、固定金利は割高感が強くなっています。ライバル行との金利比較も紹介します。 sbiマネープラザでどのような住宅ローンの相談ができるかご説明するページです。ミスター住宅ローンreal、住信sbiネット銀行フラット35等の商品を取扱っており、住宅ローンの相談ができる店舗のご案内もしております。