なぜ軽トラックが続々と消えているのか? 日本が誇る自動車文化が衰退の危機キャリイ、ハイゼット、アクティら、農業には欠かせないクルマとしていまだ需要があるであろう軽トラックだが、なぜ減少していっているのか。その原因はどこにあるのか。 日本衰退論を信じている人たちは、財務省の国債発行残高に基づく、批判的な情報を気にしているのではないかと思います。 それに対する反論を簡単に言えば、 1.日本は、世界最大の債権国家(対内・対外、両資産で大金持ち)です。 それが、日本の衰退の理由の1つではないかと思うようになりました。 ミスを許さない「過剰な要求」という価値観が広がると、時間をかけても完璧になるまで仕上げるという方向になり、環境の変化やライバルとの競争についていけなくなってしまうのです。 世界的投資家としてその名を知られるジム・ロジャーズ氏による、『日本への警告』なる書籍が話題となっています。「彼が親中派ということを差し引いてもその指摘は有益」とするのは、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。北野さんは自… 日本の経済力を半分にしてもやり続けた。 世界中の国が成功してるのに模倣さえもせずに日本だけ成長せず 日銀の白川は「日本人が無能だから衰退していくのだ」と世界に発表してる。 充分犯罪行為でしょう? バカだからじゃ説明できない所業だ。 「日本の地方はこれから衰退するのでは」「そもそも日本が衰退するのでは」という確かな危機感を持ち、そこに立ち向かっていくというよりもひらりとかわし、個々の生き方を追求する。 これ難しい質問です。私の中で答えはでていないのですが先進国がデフレでもあるにもかかわらず緊縮財政をとりたがる理由として技術の進歩により人、一人当たりの必要とするインフラやリソースが減っているという流れが確実にあるのではないかと思います。 日本は世界中で最も高齢化率が高い国となりました。労働賃金も上がりました。欧米の真似をしていれば売れる製品ができ、経済成長する時代は終わってしまったのです。日本を成長させてきた3つの原動力はすでに失われたか、時代に合わなくなったのです。 「垣花正 あなたとハッピー!」(9月12日放送)で経済アナリストの森永卓郎が出演。日本経済が弱くなった理由、それはアメリカの関与が大きく影響していると言う——。 この20年間で日本経済のシェア … このまま『少子化』が進んでしまうと、日本の衰退を止める方法は無くなってしまいます。政府は日本の若者に子供の出生率を促していますが、それが果たして少子化の解決に繋がるのでしょうか。結論、解決しませんよね。 2019年から日本は衰退する!? 2019年から日本は衰退すると海外メディアが一斉に警告を出しています。 大きな原因は少子高齢化が進んだ日本は経済が縮小されるということです。 すでに40代や50代の方はギリギリ逃げ切れるかどうかというような感じですが、 日本企業としては唯一、トヨタ自動車が42位に位置している。バブルの1989年には、銀行を中心とする日本企業が50位までに32社が登場しており、米国の2倍の数だった。当時の日本企業の多くが合併などで、今はもう存在していない。 日本を衰退させた大きな要因の1つに派遣があります。 1985年の派遣法成立まで日本では派遣など認められていませんでした。 働くなら正社員が当たり前だったのです。 それが今や正社員になれないのが当たり前の社会になっています。 「体育会系の日本」は衰退する日本の元凶か? / あなたは「体育会系」が嫌いですか? 暇な時間にはインターネットでこういう記事を延々読んでいるようなアナタは「体育会系の日本」が嫌いな人が多いかもしれません。 「上下関係」とか「密な人間関係」とか、「ウッス! 正直な話、日本はもう積んだと思う。 日本の将来をいくら考えても、明るいビジョンを描くことができない。 逆に悲惨な未来ばかりが浮かんでしまう。 その理由はもちろん少子高齢化だ。. ものづくり大国、日本・・・だったかつての姿。でも、今はない。 なぜ日本は衰退してしまったのか。 そもそも、日本がすでに衰退してしまって手遅れの状態になっているとは思っていない人が多いのではないでしょうか? 少子高齢化+移民反対の日本は確実に衰退する 弱り切った日本を少しずつ乗っ取っていく そのときまで軍事力を強化せよ と人民解放軍も語る; 16: ニコニコ名無し: 2016-02-13 02:10:25 id: ogy5yty5 倍のgdpとはいっても13億人で倍ではまだまだだろ もはや手遅れ状態の日本の衰退. Vorkers「働きがい研究所」調査レポートvol.59. 平成を振り返る、日本企業の「躍進」と「衰退」の理由 ― 躍進したビッグ4、沈んだレガシー ― 日本衰退の元凶「新自由主義」 なぜ、日本経済は成長しなくなったのか。答えは簡単である。政府が「デフレ下におけるインフレ対策」という愚行を続けてきたからだ。 2019年10月号 politics [特別寄稿] 日本はもう手遅れかもしれない(4 月3日記)。 『GQ JAPAN』6月号(4月25日発売)掲載 安倍晋三首相が打ち出した「全世帯に布マスクを2枚届ける」という方針を受けて、漫画家・浦沢直樹氏が4月2日夜に自身のツイッターを更新。 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。* * * 2020年がやってきた。