自由惑星同盟軍第2艦隊(後に第1艦隊に移る)司令官で中将。戦術的指揮官としてはそれなりに有能であったが、部下に対してはイエスマンであることを求めるなど、頑迷な点が多く、当時幕僚であったヤン・ウェンリーの進言を度々退けている場面が見られる。 だが、後々にヤンの実力を認めてはいるようで、アレクサンドル・ビュコックも「アスターテでの借りを返そうとするだろう」等と、パエッタの改心があったような節を発言している。 パエッタは、レグニッツァ遭遇戦、第4次ティアマト会戦に … 登場人物 ... やる夫Wiki内で「ヤン・ウェンリー 」を検索. ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説) ヘンギスト 史実 混沌・中庸: イギリス(ケント王国) アーカード(hellsing) 孫悟空: 神話・伝説: 秩序・悪: 中国(西遊記) 佐藤カズマ(この素晴らしい世界に祝福を!) 渡辺綱 史実 中立・中庸: 日本(平安時代) 1 Fate SS・二次小説 おすすめランキング; 2 Fate SS・二次小説 おすすめクロスオーバー. 中仏混血で東洋系の容貌である。原作小説において、“体格は中肉中背、容姿は実年齢より2~3歳若く見え、軍人というよりは学者のような印象を受ける。頭髪はおさまりの悪い黒髪、「見る人(フレデリカ・グリーンヒル等)によってはハンサムに見えなくも無い」「ごくありきたりのハンサム」”といっ … ノッブンフェルト:やはりわしはヤン(キャスター)じゃな、あ奴のような異才はわしの麾下でこそ輝くというものじゃ。あ、地球教焼き討ちするから用意しとけよミッチー。 ラインセイバー:正直、ラインハルト(ライダー)の人生には私も共感を禁じ得ません。 Fate/sn×銀英伝クロス第3巻キャスターと対峙しランサーに立ち向かう遠坂凛とアーチャー「ヤン・ウェンリー」。令呪の命により、秘していた宝具が抜き放たれる。月光の下に、顕現する三つの赤 … その事件を暴いたヤン・ウェンリー少佐の手腕を高く評価し褒め称えなければ成らなかった。 その褒め称える政治屋はかなりの人数が、自らに火の粉が来ることなく終わった事に安堵感を得ていた。 又一部の者達は旨く始末できたとほくそ笑んでいたのである。 ***** 誤字等修正しました。 ご� [mixi]銀河英雄伝説 もしヤンがラインハルトの下で働いていたら もしものトピが面白かったので私も立ててみることにしました。 自由惑星同盟が降伏した際、ラインハルトはヤンに私につかえないか、帝国元帥の称号を用意すると勧誘しました。ヤンは断りましたが、帝国に生まれ 出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店 自由惑星同盟の第十三艦隊提督として戦場で数々の功績を収めたヤン・ウェンリーは東洋系の容貌を持っており、軍人らしい様子があまり見受けられない人物。しかし提督として艦隊の指揮を執る姿は、綿密な戦略や戦術を立案して銀河帝国艦隊を苦しめており、劣勢の中でも逆転勝利を収めるほどでした。そんなヤン・ウェンリーについて、どのような魅力を持っているのか、また彼の生涯や人柄について考察を進めていきましょう。 衛宮士郎のサーヴァントは、急展開を呑み込めていないようだった。聖緑の視線が、銀髪と赤毛、長さの異なる黒髪の間を彷徨う。, アーチャーことヤン・ウェンリーは、小柄な少年を肩に担いだ。生前の十倍の腕力は大したもので、人ひとりが枕程度の重さにしか感じない。再び学生時代を思い返して、遠い目になるヤンだった。この腕力があれば、白兵戦技のテストも、もうちょっと楽勝だっただろうに。, これはバーサーカーにはできない。室内で実体化したら、頭が天井を突き破るだろうから。アーチャーは少年をセイバーに託すと、霊体化して戸をすり抜け、実体化して内側から鍵を開けた。すると、軍服とスカーフが元に戻っている。, 首を捻りながら戸を開くと、小柄なセイバーがマスターを姫抱きにして立っていた。とても男前な立ち姿である。アーチャーはさらに首を捻った。, 英霊の姿は、その人物を特定するのには役立たないと、ランサーの姿から学んだヤンだ。伝承によると、古代ケルト人は、出陣の際に裸身を青く染め、石灰の塗料で加護のルーン文字を肌に描いたという。その概念が、召喚者のイメージなり、聖杯のコピー機能なりで、全身タイツへと変貌したのではなかろうか。, 一応の根拠はある。槍を武器とする西欧や中近東の名だたる英雄は少ない。彼のマスターは、クー・フーリンを呼び出すつもりで触媒を準備したことだろう。, 一方、遠坂凛はヤン・ウェンリーを知らない。触媒も偶然あった万暦赤絵の壷だ。なのにヤンは、ほぼ生前の姿で召喚されている。大分若返っているけれども。, だから、セイバーの色鮮やかな装束も、生前身に着けていたものとは限らない。鮮やかな青のドレスから判断するなら、藍が伝播した中世以降のものだと思うが、だいたい千年間ぐらいが候補になる。, しかし、これも怪しいものだ。例えば聖母マリアは、絵画では赤と青の服を身につけている。だが、紀元一年のころの大工の妻が、そんな服を着られるはずがない。宗教的な象徴を取り入れて、後世の画家が創作したのだ。, 女騎士というと、ジャンヌ・ダルクが有名だが、彼女は村娘だった。あんな全身鎧を身につけて、滑らかに動けるとは考えにくい。増した力とは関係のない、挙措動作の慣れというやつである。彼女の動作は男性的だ。つまり、さっぱりわからない。, 靴を脱いで、日本家屋に上がり込む。これも聖杯の賜物。なんとか誤魔化して学習法として売ることができれば、確実に巨富を得ると思うのだが。, 小柄なセイバーは、力こそアーチャーに勝るが、自分よりも背の高い少年を抱えて歩くには腕の長さが足りないようだ。それを横抱きにしているものだから、廊下の壁にマスターの頭をぶつけかねない。, この十五歳ほどのセイバーは、欧州の英霊だと思われるが、ゲルマン系やスラブ系ではなさそうだ。金髪だからノルマン人の血を引いているかもしれないが。, だが、こういう甲冑の騎士のいた時代は、中世ヨーロッパ。六世紀から十五世紀ほどの間である。中間時期をとっても千年前だ。二十一世紀の聖杯で彼女の国が救えるものなのか。聖杯は、時間にさえ干渉できるのか。とてもとても疑わしい。, 光速の壁を越えて、三千光年を二十日で踏破する千六百年後でも、時は進むのみで後戻りはできない。マスターによれば、英霊である自分は時間から切り離された『座』にあり、だから時を越えられたのだと。このあり得ぬ奇蹟を、素人歴史家として楽しんでいたのだが、なにやらきな臭いものを感じる。, 光の御子、クー・フーリン。ヤンにだって理想のイメージというものはあった。美しくも猛々しい、黒髪に青い瞳のブラックアイリッシュの戦士。白いリネンのローブを飾る、ルーン文字を象った百の黄金のブローチ。そういう感じの。, 実物が全身青タイツだなんて、あんまりにもあんまりだ。幻想が丸潰れ(ブロークン・ファンタズム)である。絶対にコピーのエラーに違いない。そういうことにしよう。歴史マニアの精神のささやかな安定のためにも。, セイバーは反論の言葉を封じられた。このアーチャーは、実に嫌なところを狙ってくる弁舌の持ち主である。しかも、これはまったくの正論であった。騎士道に背いた行いにより、剣を失ったことのある彼女にとって、急所を突き刺されたに等しい。, このくらいの社交辞令は、アーチャーも言うのだった。中身は33歳、パーティーなどではそれなりに肉食系女性をかわしてきたのである。, この白銀の妖精も、ちゃんと淑女として遇するべきだろう。貴族号をもち、千年も孤高を誇った名門。それは婚姻などによる、財産の補充は必要ないということだ。さぞや金持ちでプライドが高いだろう。だが、権威は権威を尊重する。そこらが落とし所ではないだろうか。, 気まずそうに沈黙するエメラルドの瞳に水を向けたつもりだったが、返ってきたのはルビーの瞳からの弾劾だった。, またもや修羅場が演じられそうな気配である。頼まれた物を運んできた凛も困惑しきっている。アーチャーは、まだ意識を取り戻さない少年の頬を軽く叩いてみた。, 当然、答えはない。アーチャーは溜息をついて、修羅場の上演者らを追い出しにかかった。, アーチャーは、あっさりセイバーの申し出を受け入れた。彼女とイリヤスフィールを分断することが、まずは重要だと判断したのである。凛も彼の心話を受け取り、密かに共同戦線を形成する。, 凛が促して、ようやくイリヤスフィールは立ち上がった。セイバーに強烈な一瞥を投げると、無言で部屋を出ていく。, なかばセイバーに聞かせるように呟きながら、まずは顔を汚した血を拭う。次に、少年の汚れた制服をハサミで切り、ゴミ袋へと詰めていく。年齢の割に鍛えられた、少年の上半身が露わになった。皮膚にべったりと付着している血に、アーチャーの眉が寄る。, 胸部を拭き清めると、また側臥位にさせる。背中の血にもなんとも言えない表情になった。, 致命傷を負いながら、冷静に止血を行ったヤンである。恐らくは助からないと、はっきり認識しながらも。, そして、この少年の怪我の痕跡から推測するに、肺が血で充満するような出血を起こしたはずだ。その量は一リットル前後、呼吸不全と出血性ショックを起こし、十五分以内に死亡する。, だが、今は血色もよくなり、体温や呼吸、脈も平常。重ねて言うが、ありえないのだ。それこそ魔法でも使わないかぎりは。, 土蔵の石の床を這ったので、ズボンの膝や腿の布地が擦り切れ、穴が開いていた。これも脱がせてゴミ袋に突っ込む。そしてようやく、新聞紙を敷いた畳の上から布団へと移動させ、凛が出したパジャマを着せてやった。, やはり、これだけの動作をさせれば意識を取り戻しもするだろう。夕日色の短めな前髪の下、潔癖そうな印象の眉が寄せられる。瞼が動き、琥珀の瞳が姿を現し、何度か瞬きを繰り返して、覗き込む黒髪黒目の青年に焦点が合う。, まだ意識がはっきりしない少年の、罪のない一言だったが、難しい年齢だったヤン・ウェンリーの心をざっくりと切り裂いた。. Fate 女神転生シリーズ ガンダムシリーズ その他 . Contents. 宇宙歴800年。ヤン・ウェンリーの時は一度止まり、西暦2013年、ヤンは再び軍人の道を歩まなくてはならない。 前書き. 銀河英雄伝説に登場する、自由惑星同盟側の軍事キャラクター。自由惑星同盟軍士官学校を首席で卒業した士官で、軍部側も「10年に1人の秀才」として期待を寄せていた人物である。初登場したのは外伝「螺旋迷宮」の士官学校時代で、ヤン・ウェンリーと戦略戦術シミュレーションによる対戦相手を務めた時である。その後、同じく外伝「千億の星、千億の光」にて、第6次イゼルローン要塞攻防戦時にワーツ少将指揮下の分艦隊に所属、旗艦に乗艦して参謀長を務めていた。 『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるsf 小説。また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。 略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作は累計発行部数が1500万部を超える ベストセラー小説である。 初回は銀河英雄伝説の主要な登場人物であり、「自由惑星同盟」側の主人公に当たるヤン・ウェンリーの名言に焦点を当てます。 国家ではなく個 ヤン・ウェンリー (銀河英雄伝説)に関する同人誌は、16件お取り扱いがございます。「銀河英雄伝説新外伝15」「銀河英雄伝説新外伝17」など人気同人誌を多数揃えております。ヤン・ウェンリー に関する同人誌を探すならとらのあなにお任せください。 番外編 ヤン先生の課外授業 1時限目:歴史と天文学: 2015年07月07日(火) 21:10 (改) 番外編 ヤン先生の課外授業 2時限目:ライダー今昔: 2015年07月26日(日) 20:03 (改) 72:漆黒と黄金: 2015年08月16日(日) 20:32 73:共同戦線異状あり: 2015年08月23日(日) 21:02 (改) 宇宙暦796年、アスターテ星域会戦に敗れた自由惑星同盟は会戦に参加した艦隊、第2・第4・第6各艦隊のうち手酷い損害を受けた第4、第6艦隊を廃止し、その残存艦艇に新兵を加えた半個艦隊約6000隻をもって第13艦隊を新設し、司令官にはアスターテ星域会戦の英雄であるヤン・ウェンリー少将が任じられた。 ヤンは半個艦隊をもって難攻不落で知られるイゼルローン要塞攻略を命じられ、大方の予想に反し無血で要塞を占領、この功績によりヤンは中将に昇進し、更に半壊状態の第2艦隊も廃止され、所属 … SS捜索・投稿掲示板: Since 2000/08/19 管理人:舞 Total:299328472 Today:2524 Yesterday:3089 ヤン・ウェンリー(楊文里・Yang Wen-li)は、SF小説「銀河英雄伝説」の登場人物。, 自由惑星同盟側の主人公。初登場時の年齢は29歳で、階級は准将(最終階級は元帥)。歴史家を志すも、商人の父が遺産を残さず死去したために学費が無料の士官学校戦史研究科に入学するが、科が廃止されたことで戦略研究科への転科を余儀なくされる。卒業後は銀河帝国軍との戦いで多大な功績を上げ、帝国側からも一目置かれる同盟軍の英雄として祭り上げられていくものの、本人は終始軍を辞めて年金暮しに移りたがっていた。, 勤務態度はものぐさで、戦略・戦術面以外はからきしの問題軍人。しかしその作戦立案・用兵能力は作中最高峰で、天才的戦略家のラインハルト・フォン・ローエングラムと無策な同盟首脳部に悩まされながらも、「戦闘」において敗北することは皆無だった。敵の心理的な隙を突く能力に優れ、生来の柔軟な思考と歴史研究で得た知識を駆使して数々の奇策を弄し、「魔術師」や「ペテン師」といった異名をとるようになる。ヤン本人は奇策を「邪道」と断じる良識派で[1]勇名だけが大きくなる状況に閉口しており、時には「戦争が嫌いな癖に戦略・戦術を考えるのは面白い」自分に悩んでもいた。, 私人としては軍人離れした風貌と、温和かつ毒舌家の性格が特徴。特にアウトローな人物には寛容で、ラインハルトほどではないが一種のカリスマ性を備えている。一方、養子のユリアン・ミンツがいないとまともな生活が送れず[2]、部下からは「首から下は役立たず」「良く言って給料泥棒」と親しみを込めてこき下ろされている。保身に興味が無いので嫌いな人物には反抗的な態度を隠さず、「(説明が面倒だから)自分の考えを無理に理解してもらう気はない」性分から敵を作ることも多かった。, ダメ人間ぶりに反した名将ぶり、一貫して「自由と民主共和制」を重んじた高潔さ、自らの望む道を歩めぬままにテロリズムの犠牲となった最期から、原作者の田中芳樹が「予想外」と述べるほどの支持を集めた「銀英伝」屈指の人気キャラクターである。彼の死が描かれた章「魔術師、還らず」は、今なおヤンのファンの間で一種のトラウマとして語り継がれている[3]。, 原作での名指揮官ぶりを反映して、歴史系やる夫スレにおける参謀役や、やる夫に立ちはだかる知将としての出演が多い。また「不敗の魔術師」や「魔術師ヤン」の別名から、文字通りの魔法使い役として起用されることもある。, 原作において常に最善手を取り続けてきたために「(頭脳戦で)失敗をさせることが出来ない」キャラとしても有名で、多くのスレ作者の頭を悩ませてきた。そして露骨な怠け者としてはほとんど描かれず、常に一定のスローペースで物事にあたる人物として扱われる傾向にある。, 銀河英雄伝説原作のやる夫スレにおいては、原作通り自由惑星同盟の代表的存在として活躍している。, 国防委員長に必勝の戦略を問われた際に「敵に対して少なくとも6倍の兵力を揃え、補給と整備を完全に行い、司令官の意思を過たずに伝達すること」という、ある種面白味の無い兵法の王道とも言える答えを返している。, ファンによる彼の葬儀が日比谷公会堂で盛大に行われている。ちなみに、ヤン役の富山敬もラストシーンの収録から暫く後に急逝した。富山氏の死後に製作された『銀河英雄伝説外伝』では郷田ほづみが役を引き継いでいる。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://yaruo.fandom.com/wiki/ヤン・ウェンリー?oldid=96165. アーチャーことヤン・ウェンリーは、小柄な少年を肩に担いだ。生前の十倍の腕力は大したもので、人ひとりが枕程度の重さにしか感じない。再び学生時代を思い返して、遠い目になるヤンだった。この腕力があれば、白兵戦技のテストも、もうちょっと楽勝だっただろうに。 プロローグ サーヴァント召喚前のある日、遠坂家の家宝のペンダントの留め金が壊れました。 出入りの宝石商が修理に伺うものの、入院措置に。アンティークの修理は大変です。部品がないからね。 ついでに、故障しかけていた柱時計を修理してくれました。 2.1 Fate×銀河英雄伝説 Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた; 2.2 Fate/SAO それ行け、はくのんwith赤い暴君; 2.3 Fate×俺ガイル 凛「あんたが私のサーヴァント? 」八幡「…らしいな」 ヤン・ウェンリー回想録; 短編、読み切り ~とある自由惑星の資料~ 大日本帝國の人工種族について 銀憂伝ネタSS ~召喚事後報告~ tsネタ注意 短編ネタSS ~史実×銀憂~ ネタSS ~愚者の化石~ 新たな船出. 田中芳樹のSF小説銀河英雄伝説とブラウザゲーム艦隊これくしょんをコラボさせた作品の名称。略称は「銀これ」・「銀艦伝」。 両作品には直接的な繋がりはないものの擬人化された第二次大戦の時代の軍艦を率いて戦う「艦これ」、かたや宇宙で艦隊戦を繰り広げる「銀河英雄伝説」と、作品の内容では抜群の相性を誇る(その点では艦艇のメンタルモデルが出る「蒼き鋼のアルペジオ」も同じことが言える)。 「艦これ」側としては、提督ポジションである「銀河英雄伝説」の登場人物達の多くが司令官や提 … Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた。 [魅力] もしもヤン・ウェンリーが、遠坂凜に召喚されたなら、六法全書と新聞を読んで、銀行と市役所に行く。 未来人で宇宙人なヤン・ウェンリーが見れるのはここだ … ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説) 源為朝 史実 混沌・中庸: 日本(平安時代) 空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険・第三部) アン・ボニー 史実 混沌・中庸: カリブ海: 加藤茉莉香(ミニスカ宇宙海賊) レッドライダー 概念 秩序・悪