ラノベと一般小説の特徴として、ファンタジーと現実という舞台の違いがあります。 ということは、ライトノベルはアニメ化、一般小説はドラマ化という違いが出てくるのも当然です。 (なぜなら「物事を一般向けに説明すること」に適した書き方だからです) 用すると売り上げが上がりやすいという特徴もあります。  逆にアラビアのさる詩人が師から受けた訓練では(彼の前衛的な「飲酒詩」は岩波文庫に入っています)、「まず多数の詩を暗記し、それから一端全てを忘れよ」とも。なぜなら決まりきった「伝統的な型や言い回し」を多数知っていることは詩人の必須条件だから(言葉や言語というものからして、何らかの集団で「共有」さないと意味がない代物です)。 ラノベを批判している人は、一度自分で小説を書いてみるといい。 絶対に書けないから。 俺は携帯小説がクソだと思う。 いくつか人気作品を読んだが、内容が浅すぎてつまらなかった。 ラノベはアニメのような面白さがある。 ±ç´¹ä»‹ä¼ç”»ã¨ã„うか)をされていらっしゃる方々を発見しました。 ラノベの文章は情報伝達の為の文で、想像の指定を目的とする文体です。 文学文芸では、文章そのものに対して想像力が刺激されるように書きます。 まったく違うんですよ、描写の定義が。  考えた末、やや乱暴ながら二つの型の観点からで分類・分析できるように考え至りました。, その二つの類型とは『A:話芸型(主観重視・抒情詩タイプ)』と『B:写実型(客観重視・叙事詩タイプ)』です。, 多くの小説はその両方の面をもっているのでしょう。  いくら客観的に描写しようとしても、しょせん書き手は一個の主観に過ぎないからです。 底二万里』(1870年 ※1956―1957に翻訳)、C・S・ルイス作『ナルニア国物語』(1950年~1956年 ※1966年に翻訳) などの作品も、ラノベの誕生に大きな影響を与えています。ラノベの歴史は、ファンタジーやSFを抜きにして語るわけにはいかないのです。 ラノベというジャンルの初期形成に大き … ラノベ文体ってあるのかねぇ。 [ライトノベル][twitter][出版][小説][文学]【文学更新情報】10/30日に見つけた情報一覧 出版関係のtwitterアカウントをまとめてみた。 小説の文体については色々と思い悩むことが多かったです。 考えた末、やや乱暴ながら二つの型の観点からで分類・分析できるように考え至りました。 その二つの類型とは『A:話芸型(主観重視・抒情詩タイプ)』と『B:写実型(客観重視・叙事詩タイプ)』です。 多くの小説はその両方の面をもっているのでしょう。 それでも一つの作品について、比較的どちら寄り、あるいはどういう組み合わせか(一作品でも部分によってAだったり、Bだったりするものです)、という見方・考察は充分に可能では …  質問をされたい方は、創作相談用掲示板よりお願いします。, 『ライトノベルの文体研究。訓練法。』に対する意見を募集します!  ライトノベルの書き方【上手に書きたい人へ】 | 小説家情報局 (古代の叙事詩文学や旧約聖書の文体など) かなーり特徴的な文体をしている作家だから、無知なラノベアンチを釣りたい人は、この人の本の画像を使えば良いんじゃない? 『世界は密室でできている』なんて、作中に自作の絵もあるくらいだし。 ラノベは小説とマンガの良いところをどちらも取り入れている媒体です。 小説よりも気軽に読みやすい. 誰もが疑問を持つ、ラノベと一般小説との違い…皆さんはわかりますか?ここ数年、よく耳にするようになったライトノベルですが、そもそもどんなものなのか知らない人も多いはず。これを読めば、ライトノベルについての疑問をすべて解決!おすすめのラノベ本もご紹介します!  けれどもそれらを自由自在に使いこなすには、一端忘れた方が都合がいい(学習した知識に囚われすぎると、鸚鵡返しと二番煎じばかりになってしまいます。インプットとアウトプットの間に、自分で考える独自の加工プロセスが必要でしょう)。  これはこれで思考力や構成力、後天的学習や訓練を必要とします。, 代表例としてはフランスの近代小説の写実主義やハードボイルドなどが挙げられるのではないでしょうか。 投稿されたい方はこちらのメールフォームよりどうぞ。.  フランスの純文学者のジッドはハメット(アメリカのハードボイルド小説の元祖)を絶賛したと言われます。ハメットの小説ですと、内面描写をなくして徹底的に「外面」描写のみで描ききっています。それはこの方向の極地かもしれません。, 誤解を防ぐために付言すれば、これら二つの類型はどちらが優れているというのではなく補完的な関係にあります。両方を自在に用いられれば、それが最善でしょう。けれども偏りは避けがたいですし、むしろそれが個性です。ですから自分自身の性格(感覚型か、思考型かなど)を踏まえた上で、意識的に訓練や実験をするのが有意義だと考えています。, 人によっては「本を読むより、いろいろ体験・見聞しろ」と言います。これは感覚型の発想だと思います。 やや堅い文体が心地よく読みやすいのが特徴。 メインヒロインが前髪で目元を隠した「前髪っ娘」なのも魅力。 予想を超える 息をのむ展開 があなたを待ち受けています。 åˆå­¦é™¢ãŒãƒ©ã‚¤ãƒˆãƒŽãƒ™ãƒ«ã®æ›¸ãæ–¹ã®ãƒã‚¤ãƒ³ãƒˆã«ã¤ã„て解説します。  登場人物なり、語り手なりの「主観」が前面に出るのが特徴で、その視点上、「口語」的になる傾向が強いと思われます。 ライトノベルと文学小説の違いって何ですか? 二つの違いを、以下のフォーマットで教えてください。 1)あなたがライトノベルと思う作品 2)なぜ、これはライトノベルか 3)あなたが文学小説と思う作品 …  そして独特の重厚さを出すことができる利点も捨てがたいです。 このまとめではラノベの人気タイトルとして1位から30位をランキング形式でお届けします。昨今増え続けているラノベの中でも、「これさえ読んでおけば問題無し!」と言えるようなラノベをランキング形式でご紹介しますので、是非読んでみてくださいね。  投稿して下さる方は、こちらのメールフォームよりお願いします。, 創作Q&Aは小説を書く上での質問・悩みをみんなで考え、研究する場です。  一昔前に人気のあったドストエフスキー。あれも登場人物の「語り」がうけたのではないかと思います。その主要なキャラクターの言動は「極論」が多く、そのためにコミカルな印象さえ与えます。芥川龍之介が「悪魔さえ憂鬱にさせる戯画」といったのも判る気がします。  これなどは思考型の訓練法と言えるかも知れません。, 独自に研究した創作理論や方法論、見聞きした訓練法などの投稿、歓迎です。 近代文学は、近世から近代への時代の移り変わりの中で誕生しました。ですが、「時代が変わったから文学も近世から近代へと移り変わった」というより、文学も明治維新と同様、古きものを破壊し、新たなものを作り上げることで誕生してきました。 しかし、ラノベは正しい言葉や、語彙が少ない。 普通なら、ある程度の年齢で、自然と卒業して、 小説に移行するはず。 小説選びのコツは、 背表紙にある説明文と、序盤数ページを読んで、 引き込まれるストーリーか、自分にあった文体かどうかを、 小説の文体については色々と思い悩むことが多かったです。 ラノベpop. 小説のスタイルを取りながらも、ラノベは「ライトノベル」という名称の通り、ライトな文体が特徴と …  また、写実的とはいっても自ずからそこには限界があります。  それではなぜ、最近の日本のライトノベルは「話芸型」が多いのでしょうか? おそらくは伝統的な感性に合致しているからだと考えられます。学校で習う古文にしても写実的というよりは、書き手の主観が前面に出た日記文学や紀行文が多いですし、軍記ものでも語りの役割が大きいように思われます。, ラノベの文体が「崩れがち」と指摘されるのは、その大勢を占める話芸的・主観重視の性格ゆえに、必然的に口語への傾斜性が高いためではないでしょうか。, 加えて俗文学が日常を遊離した文語よりも、生活で親しんでいる口語に流れがちなのは指摘するまでもありません(西欧などでもダンテやチョーサー以来、長い間権威を持っていた文語のラテン語が徐々に廃れていき、各国民の俗語での創作が盛んになったわけです)。, 一口に言えば軽妙で読みやすく、叙情に富む(まさにライトノベル)。けれどもそれには感覚やセンスの良さが必要だと思われます(つまり先天的な才能や「趣味の洗練(方向性は様々)」が求められる)。また主観が前に出る書き方であるがゆえに、読者個人の趣味嗜好によって、「合う・合わない」の差が出やすい難点はある。, さて、日本人の「話芸好み」は昨今のライトノベルのみに留まらないでしょう。ずっと古くからその傾向は現われていたように見えます。  読み手がしばしば「退屈」に感じてしまうのも無理はありません, (この点、学術論文やニュース記事に似ています)。 調が多くて邪魔臭い。 13 : ラノベの文体で一番特徴的なのは、ルビの多さじゃね? 固有名詞がやたら凝ってたり、当て字が多かったりするせいだと思うけど。 14 : 句点を落とすってどゆこと? 15 : ェルジュ】 戦国の世が終わり、泰平の世を迎えた江戸時代には、さまざまな文化が花開きました。この記事では、そのなかでも「浮世草子」に焦点を当て、特徴や内容、第一人者である井原西鶴の作品などをわかりやすく解説していきます。 ライトノベルの書き方、小説作法の研究をするためのサイトです。投稿小説の批評や、用語集、ラノベのレビューなどコンテンツ盛りだくさん!おもしろい小説の作り方を身につけてあなたのファンを作ってみませんか?  このテーマは二十世紀の哲学者たちの間ですでに指摘されており、「学問の分野ですら、本当の意味での完全な客観性に辿り着くのは不可能」と言われていたりします(大陸の現象学の流派など)。, けれども上手く描けば、視覚的・理論的な判りやすさが得られる。 µè¬›ç¾©ï¼ 連載第61回目は、大江健三郎『飼育』について。黒人兵と寒村の子供たちとの無残な悲劇を描く名作を解説します。 ェルジュ】 一切無駄のない、整えられた美しい文体が特徴の中島敦。彼の作品『山月記』は、国語の教科書にも掲載され、広く知られている人気作品です。 ここでは青空文庫ですぐに読むことのできる、中島敦のおすすめ作品をご紹介していきましょう。 その名の通り、ラノベのタイトルに使用されていそうなフォント。 文字の入りや終わりに特徴があるので、文字が目立ちます。 際立たせたい文字に使うと有効でしょう。 一次でよくみる文章の特徴:ポイント 10 ・難解 文章がむずかしい かっこつけすぎている →辞書を引かないと読めない 言葉遣いの多用は微妙 とくにラノベでは、 アタマをよさそうに見せることに 過度に力を入れる必要はない 11.  またドイツの小説(あまり明るくありませんが)などでも、主観的描写が多いように感じられるのです。ヘルマン・ヘッセにしたってずいぶん内向的ですから。, 一方、写実型は描写は冷静で、外面的・俯瞰的な視点が特徴。出来るかぎり客観性を重視し、主観から距離をおいた硬質な描写になりがちです(記述の正確さを目指すために、没個性の一般的な言葉、ゆえに文語的な傾向を招く)。登場人物の心情描写ひとつにしても、感情を外部から分析しようとする。, そういう外面的な描き方ゆえに、読者の直感的な感情移入が困難になるわけです。 彼女はとても美しかった。天使が舞い降りたと思えたほどだ。端正な顔立ちに上品さが滲んでいる。涼やかな目元も、瞳に影を落とす長い睫毛も、ほんのり染まった薄紅の頬も、彼女の美しさを余すことなく表現していた。, 彼女はとても美しかった。天上から降り注ぐ光は彼女の為で、気品に満ちたその微笑みをまぶしく照らし、時間すら止めてみせる。謎めいた眼差しは見る者の心に深く印象を残す。挑むような不敵さと、こちらを睥睨する尊大さ、彼女の内に在る嫌悪すべき素質さえもが、彼女の造型を飾る魔法と変わった。, キバり過ぎてちょっとヘタクソな部類になっちゃいましたが、まぁ、こんな感じが文学とか文芸の描写になります。私もたいがい勘とかフィーリングで描写を書くので、そこだけ切り取って書いたらこんな程度です。初心者か、て。下手だなぁ。, 上の、ラノベのものとした描写文は正直、「定型」と言ってしまっていいくらい有り触れたものです。こう書けば美しいという事を伝えようとしているなと解かるお約束的な文章ですよね。拝啓、本日はお日柄もよく、みたいな時候の挨拶と同じものです。美しい事を表す記号文なんです。, 視覚情報で見えるものを羅列してあるだけで、主観はほとんどないです。無難に綴ることで、文章作成の難易度を抑えているわけです。, これはラノベだったら問題にされません。ラノベは文章自体は問題にしないジャンルなので、何を伝えたいのかさえ解かればそれでいいので。というより、じゃんじゃん定型を使って省略しないと、簡潔には書けませんから。, ラノベの中ではヒロインが美人かどうかなど瑣末な情報で、サクッと簡単に済ませたい事柄です。場面の風景だとかもですが。文字数が勿体無いわけです。, 定型文を並べて、ヒロインが美人だということを伝えられたらそれでいいわけです。読者も心得ていて、定型文なんだけど何だか描写っぽいの書こうとしてるなと察したらいいわけです。描写っぽい体裁を付ける為に定型文を並べたと察してあげるわけです。で、読者は描写を読んだつもりになるお約束です。お互い了承済み。, ヒロインが美人であるという情報は、そもそもで物語に影響しないなら不要です。削ってしまえばいいわけです。読者の判定はそうなります。美人でなければ何か物語に不都合があるのが当たり前で、その理由は描写の中に匂わされているのが「文学・文芸でのお約束」なんです。, 文学や文芸では、一文ごとに散りばめられたカケラがあり、読者はそれを拾い集めてパズルをしながら読み進めるのが通常です。そのように書かねばなりません。, で、批評者はそのパズルが解けない読者の為の解説者だ、という事になります。読者の読解力には個人差があるので、必要になって出てきたのが批評家なんですよねぇ。そういう関係になってます。, ついつい二次創作的な刺激を受ける作品がありますが、それは文学や文芸の書き方に則って書かれている部分に読者が刺激された結果ではないかと思います。, なんか言いたくなる、反論にせよ賛同にせよ、それを元に意見したくなったら、その作者の「勝ち」です。彼は人に影響を与える文章の書き手なのですね。, 機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。.  それでも一つの作品について、比較的どちら寄り、あるいはどういう組み合わせか(一作品でも部分によってAだったり、Bだったりするものです)、という見方・考察は充分に可能ではないでしょうか。, 昨今(2012年4月段階)のライトノベルは割合にこの傾向の作品が多いように思われます。