年末調整と繰り上げ返済の時期について教えてください。もうすぐ年末調整の時期なので、銀行から住宅ローン残高の証明書が送られてきました。いま繰り上げ返済をしたら、年末調整の時点でのローン残高が変わってしまいますよね。また新し 繰り上げ返済のタイミングによっては確定申告が必要 年末年始で会社の経理が慌てている時に言いだしづらい、という職場もあるでしょう。 バタバタしている場合は、訂正前の文書で年末調整して作成された源泉徴収票を携えて、確定申告をすれば大丈夫です。 繰り上げ返済に適したタイミング を ... の対象期間終了後に繰り上げ返済を行う方がメリットは大きいと考えられます。さらに、年末調整前の繰り上げ返済も避けた方が良いでしょう。 また、住宅ローンの繰り上げ返済では変動金利期間中なのか、固定金利期間中なのか、年末近くではないか� 住宅ローンの繰り上げ返済は、低金利の現状で本当に繰り上げ返済(一括返済)するのはお得な選択なのか悩ましいところです。 住宅本舗では条件付きでお得なケースがあることについて、順を追って説明し … 住宅ローン繰り上げ返済のコツ!損しないタイミングとメリット&住宅ローン減税と繰上返済 . 年末調整までに新しい残高証明書が間に合わない時の対処法. 住宅ローンの住宅ローン控除は年末のローン残高に対して計算するので繰り上げ返済で残高が減った分だけ控除額も減る。長期的に見れば早く繰り上げ返済をした方が住宅ローン控除額は下がっても、結果的に支払い利息の軽減額が大きくなって得をする場合が多い。 住宅ローンの繰上返済は、返済期間が短くなることによって、利息の負担が減らすことができます。しかし、住宅ローン控除との兼ね合いで、いつ行ったらいいのかタイミングに悩む人は多いのではないでしょうか。そこで… 住宅ローンの月々の負担を軽減する方法の一つが、「繰り上げ返済」です。わかりやすく簡単に説明すると住宅ローンの全部や一部を前倒し返済する制度です。繰り上げ返済をするタイミング・時期によって損得勘定が変わるので、シミュレーションしてじっくり検討することが大切です。 税務署から届いた書類を紛失した場合は、税務署に連絡して再発行しても� 住宅ローンの返済総額を軽減する方法として繰り上げ返済があります。 毎月の返済とは別に返済することで住宅ローンの元金を減らすことができるのです。 繰り上げ返済を検討するにあたり、このような疑問や不安はないでしょうか? 繰り上げ返済は短期縮小型と返済額軽減型のどちらがいい? 年末調整は税金が戻ってくるチャンスです。会社員で住宅ローン控除が使える方なら嬉しいものです。しかし、年末調整の直前に繰り上げ返済をし、ローンの残高証明書を繰り上げ返済前のものを提出した場合はどうなるでしょうか?本来よりも多い税金の還付を受けてしまうので要注意です。 住宅ローンの借入当初の借入期間の平均は26年程度と言われています。しかし、平均的な完済までの期間は約16年。 皆さん、10 繰り上げ返済のタイミング. では、実際どのくらいの金額をどのタイミングで繰り上げ返済しているのでしょうか?そのものの調査結果を見つけることはできませんでしたが、先の『「住宅ローン完済」の実態調査』の結果から推察してみました。 住宅ローン控除(減税)とは?その仕組を理解して上手に利用しよう, ローン残高に対して控除額が決まるので、繰り上げ返済によって借入残高が減ってしまった場合、受けられる控除額も減るために住宅ローン控除額も少なくなってしまいます。, ですから、住宅ローンで繰り上げ返済をすると住宅ローン控除で損をしてしまうと言われているのです。, 住宅ローンは、繰り上げ返済をした方が支払い利息額が減り、お得になるのは間違いありません。, そこで気になるのが、住宅ローン控除との兼ね合いですよね。繰り上げ返済をした場合と、繰り上げ返済をしなかった場合で比較することが大切です。, では、金利別に住宅ローン控除額と繰り上げ返済による支払利息軽減額を比較していきます。, 1年目から10年目まで毎年繰り上げ返済をしたケースと、住宅ローン控除期間である10年間が経過した後に一気に繰り上げ返済をする場合を試算しました。, 金利が2.35%の場合は、毎年繰上返済をすると住宅ローン控除合計額は減ってしまいます。ただ、繰り上げ返済による利息軽減効果が高いので、毎年繰り上げ返済をした方がお得という結果になりました。, 一方、金利が0.85%の場合は、トータル軽減額は繰り上げ返済をしてもしなくても同じという結果になっています。, つまり、早く繰り上げ返済をした方がお得なのか、住宅ローン控除期間が終わってから繰り上げ返済をした方がお得なのかについては、適用する金利や借入金額などの条件によって異なるのです。, 住宅ローン控除期間を考慮した方が良いケースは、借入期間や借入金額が少ない場合です。繰り上げ返済をすることによって、住宅ローン控除の適用条件が満たせなくなる可能性があります。, 逆に、借入金額が多い、金利が高いというケースでは出来るだけ早く繰り上げ返済をした方が、住宅ローン控除を受けるよりも結果としてお得になります。, だからこそ、住宅ローン控除が受けられる10年の間に繰り上げ返済をするかどうか、いろいろシミュレーションをして検討してほしいですね。, 住宅ローン控除は、基本的に年末調整で手続きをします。ただ、1年目に関しては自分で申請をする必要がありますので注意しましょう。, 2年目からは年末調整での手続きが可能となりますが、税務署から9年分、つまり9枚の書類が1回で送られてくるので住宅ローン控除を受ける間はしっかり保管しておくことが大切です。, ここでポイントとなるのが、住宅ローン控除は年末のローン残高に対して計算されるという点です。, 100万円の繰り上げ返済を考えているとします。12月に繰り上げ返済をしてしまうと100万円×1%=1万円ほど住宅ローン控除額が減ってしまうことになりますよね。, ここで、3,000万円を全期間固定金利3%で借り入れして、5年後に繰り上げ返済をするケースを考えてみます。, 1か月繰り上げ返済を遅くすると、期間短縮による支払利息軽減効果が減ってしまいますが、1か月遅らせたことによる支払利息の差額は6,000円弱です。, ただ、長期的に見れば毎年繰り上げ返済をした方が、住宅ローン控除額は低くなっても結果的に支払い利息の軽減額が大きくなって得をする場合が多くあります。, 借入金額や適用金利など、条件によって繰り上げ返済をした方が得なのかどうかは違ってきます。自分の条件ならどっちがお得なのか、しっかりシミュレーションをするようにしたいですね。, 返済シミュレーションといわれると、金利タイプの違いによる返済額のことばかり考えますが、繰上げ返済のパターンをいろいろ検討するのにも役立ちます。, 年末に繰上げ返済するよりも、年始に繰上げ返済したほうが得になるのは、なかなか気がつかないポイントです。, 住宅ローンは繰り上げ返済で支払利息がお得になる一方で、住宅ローン控除が受けられる金額が少なくなるというデメリットがあるというわけですね。, 住宅ローン控除額が低くなってしまうからという理由で、繰り上げ返済をしないという選択をすると損をする可能性があるということなのですね。, 年末に繰り上げ返済をしてしまうと、年末のローン残高も減ってしまうので受けられる控除金額も少なくなってしまいます。しかし、1か月待って年始に繰り上げ返済をすれば、少しでもローン残高が多い状態での住宅ローン控除が可能となるのです。, 繰り上げ返済をしようと思ったタイミングが12月なら、1か月待った方が良いって覚えておかなきゃね。, 住宅ローンは、返済期間が短い方が支払い利息額が軽減されて得をします。ただ、最長10年適用される住宅ローン控除は、年末のローン残高に対して計算しますので繰り上げ返済で残高が減った分だけ控除額も減ってしまうのです。. 年末に繰り上げ返済を行ってしまうと住宅ローン減税は年末のローンの残高が基準になるのでできるだけローン残高を残して置くことで1%分に相当する額も増えるのです。その年のローン残高はそのままにして年明けの1月に返済することで少しでも出費を減らすことができます。 返済期間が10 ≪保有資格≫ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / 宅地建物取引士 / 住宅ローンアドバイザー / ビジネス法務エキスパート® / 証券外務員2種 / 銀行業務検定各種, 11月に1,000万円を繰り上げ返済した場合、実際の年末残高は1,000万円となり、控除率は1%ですから、10万円の減税額, 11月に繰り上げ返済した人は、銀行にきちんと連絡して、繰り上げ返済後の予想残高に基づいた、年末残高証明書を発行してもらう. 確定申告や年末調整の準備 今年も10月に入り、確定申告や年末調整に向けた、控除関係のはがきが送付される時期になりました。 住宅ローン控除を利用している人は、2年目以降に勤務先に年末残高証明書を提出することで、税額控除が受 … ・「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」を紛失した場合 . 住宅ローンを組んでいると返済は大変ですが、年末調整で所得税が戻ってくる住宅ローン控除がとても楽しみ、という方も多いのではないでしょうか。しかし、中には「年末のローン残高が全額戻ってこない、なぜ?」と思っていませんか? 住宅ローンの返済で大きいのは、利息の支払いです。借入額と借入期間によっては、利息の支払いだけで500万円を超えることも珍しくありません。, 支払い利息の金額を抑える方法としては繰り上げ返済が挙げられますが、借入残高が減れば住宅ローン控除が受けられる金額も少なくなって損をするのでは?となかなか繰り上げ返済できない方もいるでしょう。, そこで今回は、住宅ローン控除で損をしない、そして、総返済額で出来るだけ得をするためにベストな繰り上げ返済のタイミングについてご紹介していきます。, まず、住宅ローンは完済するまで1日ごとに利息がかかります。ですから、1日でも早く返した方が支払い利息額を抑えることができるのです。, 通常、毎月指定日に引き落とされている返済とは別に返済をするのが、繰り上げ返済です。, 繰り上げ返済をした金額は全額元本への返済に充てられ、元本が減った分だけ毎月の返済金額を減額する、もしくは返済期間を短縮するかのどちらかを選択をすることができます。, 繰り上げ返済で期間短縮を選べば、返済期間が短くなって支払うべき利息も減額することができるのです。, ちなみに、収入の減少や教育資金などの支出の増額に伴って将来的に毎月の返済額が負担になってくることが考えられるのであれば、期間はそのままで毎月の返済額を軽減するという選択もオススメです。, じゃあ繰り上げ返済をすればするだけお得になるのでは?と思うかもしれませんが、そこでポイントになってくるのが住宅ローン控除です。, ※住宅ローン控除を詳しくしりたいアナタはこちらへ 2017年8月8日. お金の達人に学び、マネースキルをアップ 保険や不動産、年金や税金 ~ 投資や貯金、家計や節約、住宅ローンなど»マネーの達人, 今年も10月に入り、確定申告や年末調整に向けた、控除関係のはがきが送付される時期になりました。, 住宅ローン控除を利用している人は、2年目以降に勤務先に年末残高証明書を提出することで、税額控除が受けられます。, 住宅ローン控除は、住宅ローンを借りた年によって控除内容が異なるのですが、現在は控除期間が10年、控除率は1%が基本になっています。, 控除率の方が変動金利よりも高くなっているため、繰り上げ返済は「住宅ローン控除」が終わるまで待った方が有利です。, 住宅ローンの年末残高は1,000万円に減少しますので、控除率は1%を掛けた10万円。, 財務省が、住宅ローン控除を制度化した際、まさか控除率を下回る変動金利水準になるとは想定していなかったため、このような事例が成り立っています。, 現在の所、財務省も控除率を引き下げる気配はないので、変動金利の水準が控除率を下回っている人は、住宅ローン控除終了後に繰り上げ返済するようにしましょう。, まとまった資金が手に入ったので、早めに住宅ローン残高を減らしたいという人もいらっしゃるでしょう。, ここで注意したいのは、年末残高証明書は10月に送付されますが、あくまで今年の年末における予想残高です。, 仮に、住宅ローンの年末残高証明書の欄が2,000万円であった場合、何もしなければ控除率は1%ですから、20万円が減税されます, 11月に1,000万円を繰り上げ返済した場合、実際の年末残高は1,000万円となり、控除率は1%ですから、10万円の減税額です。, 繰り上げ返済前の年末残高証明書を勤務先に提出しても、銀行では繰り上げ返済などで予想残高が減った人のチェックを行っているため、後々面倒なことになります。, 11月に繰り上げ返済した人は、銀行にきちんと連絡して、繰り上げ返済後の予想残高に基づいた、年末残高証明書を発行してもらう必要があります。, 年末残高証明書は今年の年末ですから、来年の1月に繰り上げ返済すれば、住宅ローン控除は満額、年末残高証明書の依頼もする必要がありません。, 住宅ローンの繰り上げ返済は、確定申告や年末調整も考慮して行いましょう。(執筆者:1級FP技能士、宅地建物取引士 沼田 順), 1975年、兵庫県生まれ。1994年、神戸商科大学(現・兵庫県立大学)に入学。学生時代の1997年に宅地建物取引主任者試験に合格。翌年の1998年、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)に入庫。2008年、独立後勉強していたCFP上級資格を取得し翌年の2009年にCFP認定者及び1級FP技能士となる。2014~2015年、大阪大学大学院経済学及び理学研究科 博士前期課程 単位取得。2015年、京都大学法科大学院 法務博士課程 単位取得。 群馬銀行の「インターネットバンキング住宅ローン一部繰上返済・金利選択サービス」のご案内。群馬銀行では住宅ローン、外貨預金、投資信託、インターネットバンキングなど幅広い金融サービスをご提供しております。 残高証明書の紛失や繰り上げ返済などの事情により残高証明書の再発行を要する場合、年末調整までに再発行が間に合わないこともあるでしょう。