本能寺の変 謎 なぜ光秀は信長を討ったのか?怨恨野望説. そしてついに、本能寺の変に向けて行動を起こすのです。, 天正10年(1582)5月14日、光秀は徳川家康の接待役を命じられます。珍物を取り揃えてもてなした光秀ですが、備中高松城を包囲している秀吉軍から応援要請が届き、光秀とその与力衆が援軍の先陣を務めることになりました。 天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 | 書籍詳細 | Book Bang -ブックバン- 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 - 津本 陽 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 始めに津本陽氏(1929-2018)の『「本能寺の変」はなぜ起こったか』を読んで、解説が安部龍太郎氏(1955-)であり、その繋がりで次に『信長はなぜ葬られたのか』を読みました。 今年6月、土佐(高知)の戦国大名、長宗我部元親が四国の領有権をめぐり、本能寺の変の直前に織田信長の命令に従う意向を示した手紙が見つかり、本能寺の変の動機解明につながる有力な新史料として大きな注目を集めた。所蔵する林原美術館(岡山市)と、共同研究する岡山県立博物館によると、信長は当時、四国攻めの準備を進めており、元親との交渉役を任されていた明智光秀が恭順の意を示した元親との武力衝突を回避するため、本能寺の変を起こしたとする「四国説」を後押しする有力史料と評価した。, ①開館50周年記念特別展「林原美術館の名宝 第一部 絵画・書跡・能装束」(仮)(平成26年9月30日~11月16日)で6点。, 高知県立歴史民俗資料館(高知県南国市岡豊町八幡1099-1 ℡088-862-2211). 「本能寺の変はなぜ起こった? image by PIXTA / 43557412 戦国時代を扱った小説や時代劇は数多く作られているので、もう 「光秀は信長にいじめられて、たまりかねて本能寺を襲った」 というイメージが頭の中で出来上がってしまっています。 本能寺の変(ほんのうじのへん)とは天正10年6月2日(1582年 6月21日)早朝、京都 本能寺に滞在中の織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件である 。. 明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」は、なぜ起こってしまったのかその真相は謎に包まれていて様々な説がありますね。 数ある「本能寺の変」の真相のなかで、実は公家の近衛前久が黒幕だったという説もあります。 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実|天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。 本能寺の変はなぜ起きたのか?. 明智光秀の重臣達は、羽柴秀吉(はしばひでよし)と戦った、山崎合戦で敗北し、短期間で討ち取られました。 本能寺の変はなぜ起こったのですか? 織田信長が明智光秀にいつも厳しく上から目線で、腹を立てていました。そこで明智光秀がたくさんの軍を持っていて、織田信長は少数軍だったのでそれをねらい本能寺の変はおこったのでしょう そんな信長に仕えていた光秀の立場とはどのようなものだったのでしょうか?, この当時、織田家重臣が率いる軍は西国・四国・北陸・関東などに出払っていました。そのため織田家の政治の中心だった近畿地方に残っていた光秀は特殊な立場だったと考えられているようです。 『本能寺の変』と言えば、誰もが一度は耳にした事がある、日本の歴史が大きく変わった転換点とも言える出来事です。日本人なら知らない人はいないと思うのですが、いったいなぜ、本能寺の変は起こったのでしょうか?今回は、そんな織田信長の最後である、こ 本能寺の変が起こる2週間ほど前(5月15日)、家康の接待(饗応)役だった光秀は、家康に出した 「魚料理が腐っている」 と、 信長に折檻され 、 饗応役も下ろされた ことはすでに述べました。 本能寺の変が起こったのは6月2日ですが、この日は丹羽長秀らが大坂から四国征伐に出陣する予定だったともいわれています。元親と関係が深かった光秀は、信長の四国征伐を回避したかったのかもしれません。 戦国最大のミステリーといわれる 本能寺を襲った動機はなんだったのか? 本能寺の変から10日余りで世をさった光秀が、それを自ら書き残すこともありませんでした。彼の側近もほとんどが亡くなり、以前から親しい人は「天下の裏切り者」の本心を語ることはありません。 nhk大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公「明智光秀」。彼が起こした本能寺の変。なぜ主君織田信長に謀反を起こして殺害してしまったのか?戦国時代末期の記録から現代に至るまで約400年、50説以上の動機諸説が起こりましたが未だ定説がありません。 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、戦国武将・明智光秀が主人公として描かれています。 本能寺の変が起こった当時は、どのような勢力をもっていたのでしょうか?, 天正10年(1582)3月11日、信長は長年の宿敵だった武田勝頼・信勝親子を自害させます。 これは本能寺の変が起こった際にはすでに言われていた古い説であり、すでに信長公記の作者でもある当時の官僚であった太田 牛一(おおた ぎゅういち)が太田牛一雑記という著書の中で、光秀が天下を狙って信長を討ったという説を紹介しています。 事件当時の信長と光秀の状況や、本能寺の変の経緯、真相についての諸説をご紹介します。, 信長は尾張から徐々に勢力を伸ばしていきました。 この記事では「本能寺の変」が起きた時、「織田信忠」が「なぜ逃げずに討ち死にしたのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。 これを読めば「織田信忠が逃げなかった理由」を、カンタンに理解できます。 【なぜ、明智光秀は織田信長を襲ったのか?】 何十年も論争されていながら、その答えは未だハッキリとは出ておりません。 そこで本稿では、本能寺の変前後の出来事を見ながら、光秀の殺害動機諸説を取り上げていきたいと思います。 1582年6月2日、織田信長が天下統一目前で重臣・明智光秀の謀反により非業の死を遂げた。. 1582年6月2日、織田信長が天下統一目前で重臣・明智光秀の謀反により非業の死を遂げた。謀反の動機は諸説あるが、今なお多くの謎に包まれる。日本史上最大のミステリーとも言われる「本能寺の変」。最近の研究成果も踏まえ、事件の真相に迫る。, 本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた当主の織田信忠を襲撃したクーデター(事変)である。寝込みを襲われて包囲された信長は脱出を諦めて自害を迫られ、信忠は二条御所に退いて戦ったがやはり自害した。代表的な下克上の1つ。光秀が反旗を翻した原因については定かではなく、多くの歴史家が研究しているが、現在でも定説と呼ばれるものは確立されていない。光秀の恨みや野望に端を発するという説、光秀以外の首謀者(黒幕)がいたとする説も多数あり、日本史上の大きな謎の1つである。. Amazon.co.jp: 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫) eBook: 津本 陽: Kindleストア 近畿地方に政治・軍事的基盤があった光秀は、近江・丹波・山城に直属の家臣をもち、細川藤孝、筒井順慶、池田恒興らの武将を従えていました。これは師団長格になって近畿軍の司令官になったと考えられるもので、当時の光秀が近畿管領ともいえる立場だったことを示しています。, 光秀は多岐に渡る仕事をしていましたが、そんな彼が担った仕事の一つに四国・長宗我部氏との取次役があります。長宗我部元親の正室は明智家重臣・斎藤利三の縁戚にあたるため、利三を通して元親と信長を結びつけたのです。 明智光秀が、本能寺の変を起こした理由とは? 明智光秀が、本能寺の変を起こした 動機を、明らかにした資料はありません。. 【なぜ、明智光秀は織田信長を襲ったのか?】 何十年も論争されていながら、その答えは未だハッキリとは出ておりません。 そこで本稿では、本能寺の変前後の出来事を見ながら、光秀の殺害動機諸説を取り上げていきたいと思います。 日本史上最大のミステリーとも言われる「本能寺の変」。. 【本能寺の変はこのようにして起こった】 天正10年(1582年)6月2日に、京都の本能寺で起こった本能寺の変。 天下人として君臨していた織田信長が家臣である明智光秀によって死に追い込まれたこの出来事は誰でも知っているよね。 4 家康は本能寺の変にどう関わっていたのか。 明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」は、なぜ起こってしまったのかその真相は謎に包まれていて様々な説がありますね。 数ある「本能寺の変」の真相のなかで、実は公家の近衛前久が黒幕だったという説もあります。 ほとんどは他愛ないものだが、その中で、信長の違約によって人質に出していた母が殺されたという話と、現在の領地を取り上げられて 本能寺の変の原因については、変が起未征服の出雲・石見への国替えを命じられたという話の2つは、かなり広く信じられてきたようである。 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 - 津本 陽 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 ところが本書『「本能寺の変」はなぜ起こったか』には、津本さんの「情緒を排し合理的に人間をとらえる」という点が、長所となって余すところなく表われている。 第一の良さは、提示する資料の選び方が適切であること。 『本能寺の変』と言えば、誰もが一度は耳にした事がある、日本の歴史が大きく変わった転換点とも言える出来事です。日本人なら知らない人はいないと思うのですが、いったいなぜ、本能寺の変は起こったのでしょうか?今回は、そんな織田信長の最後である、こ 光秀といえばすぐに思い浮かぶのが「本能寺の変」でしょう。この事件は主君・織田信長に対し、家臣の光秀が謀反した事件として知られていますが、動機や真相には諸説あり真実は明らかではありません。 「これは謀反か?. 本能寺の変が起こったのは天正十年(1582年)六月二日の未明ごろです。実はこの日、とその前日というのはそもそもが結構運命的な日取りでした。あまり知られていないその気象と暦の事実を紹介しま … 本能寺の変(Wikipediaより). 始めに津本陽氏(1929-2018)の『「本能寺の変」はなぜ起こったか』を読んで、解説が安部龍太郎氏(1955-)であり、その繋がりで次に『信長はなぜ葬られたのか』を読みました。 本能寺の変はなぜ起こったのですか? 織田信長が明智光秀にいつも厳しく上から目線で、腹を立てていました。そこで明智光秀がたくさんの軍を持っていて、織田信長は少数軍だったのでそれをねらい本能寺の変はおこったのでしょう 当初家臣らは、信長の命令で家康を討つと思っていたといいます。「敵は本能寺にあり」という宣言は『明智軍記』による俗説で、実際は相手を知らせずに攻撃させようとしていたのです。, 包囲後、明智勢は声を上げて御殿に鉄砲を撃ちました。当初は喧嘩騒ぎだと思っていた信長ですが、様子を見に行かせた森蘭丸から光秀軍だと聞くと、「是非に及ばず(しかたがない)」と一言口にしたといいます。これは光秀の性格や能力から考えて脱出不可能と悟ったからでした。 西国では中国地方の毛利氏、四国の長宗我部氏との争いが続いていましたが、それを討てば日本全国を支配下に置ける状況だったのです。, 信長は将軍・足利義昭の追放後に従二位・右大臣に昇進しましたが、天正6年(1578)に官位を辞して以降は官職に就かないままでした。天正10年(1582)に信長を太政大臣か関白か征夷大将軍に推挙するという「三職推任」が提案されますが、信長はこの件に返答しないまま羽柴秀吉の出馬要請を受けて出陣し帰らぬ人となっています。 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 - 津本陽/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。 Amazonで津本 陽の「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。津本 陽作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 謀反の動機は諸説あるが、今なお多くの謎に包まれる。. これは信長・秀吉・家康になぞらえた川柳です。 信長の性格は、秀吉や家康と違い、自分の意に反するものは「すべて殺してしまえ」という、短気で荒々しい性格と言えます。信長が、なぜ「殺してしまえ」という表現を用いられているのかについては歴史を紐解くと明らかになります。 戦国時代、弱いものが強いものの方へなびくことは当たり前の世の中で、「裏切り」や「謀反」は日常茶飯事(世の常)でもありました。 特に … 序 章 いまなぜ「本能寺の変」なのか 第一章 信長を囲む軍事・政治情勢 第二章 織田信長という個性 第三章 秀吉の勃興と光秀 第四章 敵は本能寺にあり 第五章 黒幕は果たしていたか 第六章 本能寺の変の真実 あとがき 主な参考文献 織田信長が明智光秀の謀反によって亡くなった本能寺の変は、これまでも何度も映画、テレビドラマなどで描かれています。その際に思うのは、なぜ光秀は信長を裏切ったのかということでしょう。この点は有名すぎる事件で、今さらそれを聞くことは出来ないですよね。 【1】の続きはこちら⇒【2】細川ガラシャはなぜキリシタンになったのか?38歳の短い生涯に迫る. この明智光秀と言う人物を調べていると、本能寺の変(1582.6.2)の起こる数年前から気になることが立て続けに起こっております。 佐久間信盛、安藤守就、林秀貞、丹羽氏勝の一斉解雇(1580.8) 本能寺の変の前に起こったあれこれ. [書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実[本/雑誌] (角川文庫) / 津本陽/〔著〕 0.00 (0件) 商品詳細 明智光秀(あけちみつひで)といえば、織田信長(おだのぶなが)を討った謀叛人としてのイメージが強い。しかし織田家に仕えて後、信長が最も有能な家臣として期待していたのが光秀であったことは、あまり知られていないかもしれない。信長はこう語っている。 「本能寺の変」の幕が切って落とされたのである。 いったいなぜ、光秀は織田信長の誅減を断行したのか。 日本の歴史を大きく変えたこの事件は、いまだに日本史における最大の謎の1つであり続けている。 天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。豊臣秀吉、徳川家康、朝廷…、光秀の背後に黒幕は存在したのか。 本能寺焼討之図:出典wikipedia 今回は織田信長が信頼していた家臣の「明智光秀」によって討たれた「本能寺の変」 について解説していきたいと思います! また、信長を討った後の光秀の動きや、本能寺の変を起こした理由についても考察し ていきたいと思います。 本能寺を襲った動機はなんだったのか? 本能寺の変から10日余りで世をさった光秀が、それを自ら書き残すこともありませんでした。彼の側近もほとんどが亡くなり、以前から親しい人は「天下の裏切り者」の本心を語ることはありません。 本能寺の変が起こったのは6月2日ですが、この日は丹羽長秀らが大坂から四国征伐に出陣する予定だったともいわれています。元親と関係が深かった光秀は、信長の四国征伐を回避したかったのかもしれません。, 本能寺の変は、信長の遺体が見つからなかったことや、光秀の動機が定かでないことから、戦国最大のミステリーともいわれています。わずか数日だけ天下人となって歴史から消えていった光秀にはほとんど史料がないため、彼の本心は永遠にわかりません。果たして真実は何なのか……、本能寺の変は今後も謎多き事件として語り継がれていくでしょう。. Amazon.co.jp: 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫) eBook: 津本 陽: Kindleストア 天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。 信長と朝廷の関係については対立説と融和説が存在しており、信長が朝廷をどのように扱おうとしていたかは謎のままです。, 事件当時、天下統一まであと一歩という状況にあった信長。 如何なる者の企てぞ(これは反乱か?. 早朝だったため、信長は初め家臣同士の喧嘩だと思ったようですが、すぐにことの重大さに気付き、世話人の 森蘭丸 もりらんまる を呼び出し. 本能寺の変がなぜ起こったのかを、当時の恋愛(男色)から紐解いていきたいので。400年以上前のことを誰が証明できるの?だいたい光秀が存在したことさえ信じていません。なぜ秀吉が1週間で京都まで帰ることが出来たの?大勢で歩行で 東北地方では、伊達氏、最上氏といった大名が信長に恭順を示しており、関東でも後北条氏や佐竹氏と友好関係にあったため、東国での反信長勢力は北陸の上杉氏のみとなりました。 信長は小姓衆とともに応戦しましたが、女房衆に逃げるよう指示したのち、燃える御殿の奥で切腹しました。信長の嫡男・信忠も応戦後に館に火を放って自刃しています。, 戦国時代における最後の下剋上といわれる本能寺の変ですが、光秀が信長を討った理由は明らかではありません。 なぜ本能寺の変を起こしたのか?これは戦国時代最大のミステリーとも言われているんだ。 前回まで、暴君討伐説、野望説、怨恨説など色々な仮説について解説したけれど、まだまだ本能寺の変が起こった理由とされる説はあるんだよ。 ここでは、その経緯を3つに分けて解説していきます。 ⒈ 本能寺の変が起こる ⒉ 細川家に戻ったガラシャ 1582年(天正10年)6月2日の早朝、まだ皆が寝静まっている時間に本能寺の変は起こりました。. 明智光秀が、主君である織田信長を討ちとった「本能寺の変」が起こった原因は諸説あるんだけど、 その中でも1番有力視されているのが「暴君討伐説」 だよ。 首謀者は誰だ?. 明智光秀(あけちみつひで)といえば、織田信長(おだのぶなが)を討った謀叛人としてのイメージが強い。しかし織田家に仕えて後、信長が最も有能な家臣として期待していたのが光秀であったことは、あまり知られていないかもしれない。信長はこう語っている。 丹波にある亀山城に移った光秀は、6月1日、13000人の軍勢を率いて出陣。それからほどなくして開かれた軍議で、初めて重臣らに謀反のことを告げます。そして6月2日未明に戦闘準備を指示し、午前4時頃には明智勢が完全に本能寺を包囲しました。 天正10(1582)年6月2日、本能寺の変が起こりました。 この直前、信長は中国攻め真っ最中の羽柴秀吉からの援軍要請を受け、自身が出陣することを決定しています。光秀も毛利攻めに加わるよう命じられ、本能寺の変直前まで出陣の準備をするために国許へ帰っていたのです。 「敵は本能寺にあり!」と言ったかどうかはわかりませんが、2日の午前4時ごろ、桂川を渡った明智軍は中国方面ではなく、信長のいる本能寺めがけて … この記事では「なぜ細川藤孝は、本能寺の変の直後に、盟友の明智光秀に味方しなかったのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。 これを読めば「細川藤孝の考えていたこと」を、カンタンに理解できます。 Amazonで津本 陽の「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。津本 陽作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 それは明智光秀の真意だけではなく、なぜ本能寺の変が起きたのか、黒幕は誰なのか。 ①黒幕の存在. 現在主流となっているのは光秀の怨恨説ではないでしょうか。 1582年5月、信長は徳川家康を招き接待しました。その接待役に任命されたのが光秀でしたが、信長は光秀に「魚が腐っている」などと因縁をつけ、接待役を途中解任して羽柴秀吉の援軍に向かうよう命じます。 その頃信長は武田氏を滅ぼしたので、次は中国地方の毛利氏を討伐しようと秀吉を差し向けていたのです。 秀吉は備中の高松城を包囲中でしたが、兵力が足らず信長に援軍を求めていたのです。接待役から援軍に転ずるように命令され … 明智光秀はなぜ本能寺で織田信長を倒したのか?別の武将が裏で光秀を操り本能寺の変を首謀していたとする黒幕説も!諸説を一つ一つ検証し、わかりやすく解説! 日本史上でも有名なこの事件には、一体どのような説があるのでしょうか? 【無料試し読みあり】「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実(津本陽):角川文庫)天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。 本能寺の変はなぜ起こってしまったのか?様々な通説がある中、明智憲三郎氏の著書だけが証拠を並べ立て、論理的に本能寺の変の真実を解説してくれている。 この時、光秀の手際が悪かったために接待役を解任されたという説がありますが、『信長公記』には記述がなく信ぴょう性は高くないようです。新たな接待役には丹羽長秀らが任命され、光秀は居城に戻って出陣の準備を始めました。, その頃、信長は安土城から小姓衆のみをつれ、京での定宿だった本能寺に入っていました。上洛理由はよくわかっていませんが、6月1日には40名の公卿や僧侶を招いて茶会を開いています。 最近の研究成果も踏まえ、事件の真相に迫る。. 真相については諸説ありますが、その中から4つの説をご紹介します。, 古くからある説の一つが、天下を狙っていた光秀の野望説です。これは変の直後から語られ、『太田牛一雑記』でも語られています。光秀は本能寺の変を起こす前に京都・愛宕神社で連歌会を開催していますが、そこでの発句「時は今 雨が下しる 五月哉」は、謀反の意を示していたという見方もあります。, 江戸から明治にかけて主流だったのが怨恨説です。これは信長から横暴な扱いを受けていた光秀が恨みを募らせて謀反を起したという説で、古典史料には遺恨を裏付ける逸話が多くみられます。ただしこれらの史料は一次史料ではないため、信ぴょう性に乏しいとも考えられているようです。, 光秀の謀反とされる本能寺の変ですが、実は黒幕がいたという説もあります。後に天下人となった秀吉や家康と共謀していたという説や、朝廷が光秀に信長暗殺をもちかけたという朝廷黒幕説など、かなり多くの説が存在します。しかし矛盾点も多く、信ぴょう性には欠けるようです。, 近年注目をあびているのが、2014年に岡山県の林原美術館と共同研究する岡山県立博物館が公表した書状を発端とする四国説です。その書状は長宗我部元親のもので、信長の命令に従うことを告げる手紙でした。 明智光秀はなぜ本能寺で織田信長を倒したのか?別の武将が裏で光秀を操り本能寺の変を首謀していたとする黒幕説も!諸説を一つ一つ検証し、わかりやすく解説! ところが本書『「本能寺の変」はなぜ起こったか』には、津本さんの「情緒を排し合理的に人間をとらえる」という点が、長所となって余すところなく表われている。 第一の良さは、提示する資料の選び方が適切であること。 1 信長は、何故わずか数十人の少人数で本能寺に入ったのか。 2 光秀はなぜ謀反に走ったのか。 3 光秀は、本能寺での家康討ちが6月2日であることをいつ知ったのか。. Copyright © 2021 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. 本能寺の変はなぜ起こった?~怨恨説~「武将浅成」ドラマや映画などではこの説が強調されている場合が多い。一般に知られる怨恨の原因は以下のようなものである。 悪臭… 本能寺の変は、織田信長が本能寺という寺で休息をとっている際に起こった出来事なの。 この時信長は150人ほどしか連れていなかったそう。 狙われたらひとたまりもない手勢ね。 本能寺の変はなぜ起こった?~黒田官兵衛演出説~ 「武将浅成」 信長の死後、自らの君主秀吉に、「ご運が巡って参りましたな。これであなたの天下です」と秀吉をそその… 本能寺の変が起きた当時、織田信長の勢いは衰えずにいましたので、彼の存在を疎ましくおもっていた人物もいたことと思います。 「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実 著者 著者:津本 陽. 本能寺の変の原因については、変が起こってから400年余りの間にいろいろと詮索されてきた。長い間に細かく分けると、何百という説が発表されているのである。それらを紹介して、簡単な批判を行って … 信長は当初、元親と友好的でした。しかし対立していた三好氏や毛利氏の勢力が衰えると、その背後に位置していた長宗我部氏と手を組む必要がなくなり、態度を一変させて、元親に信長を頼った四国の大名から奪った領地の返還を求めたのです。元親がこれを拒否すると、信長は四国征伐を決定します。これは取次役としての光秀の面目を潰すものでした。, 光秀は信長に重用されながらも面目を潰されるという複雑な状況にありました。 ガラシャがキリシタンに惹かれ始めた経緯.