2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの(先進国は40年で約0.5億人の増加にとどまる) Blog - Twitterでフォローします - ポスター購入 - Contact us by email 世界で1月3日に確認された新たな感染者数は62万3132人だった。変異種の感染が広がっている英国の新規感染者数は7日移動平均で4万9000人超と過去最多を更新した。 サッカーの競技人口について解説してます。国別のサッカー人口のランキングとその国のサッカー事情を紹介しています。また、日本のサッカー人口に関することや、fifaランキングと競技人口の関係に関しても分析をしています。 そのため多少順位の入れ替わりがある。, 日本の人口は約1億2650万人で世界11位。 ランキング上位の人口変動率は概ねプラスだが、日本のみマイナスとなっており、人口減少傾向にある。, 世界の総人口は約77億9500万人。 下表は総人口が多い順に並べた。, UNFPA(国連人口基金)はWHOと同じく国連の1機関で、主に人口分野を担っている。, UNFPAが発表した2020年版の世界人口白書(State of World Population)によると、人口が最も多い国は中国で約14億3930万人だった。 中国は香港・マカオ等を含まず、別枠で記載。 2019年の人口ランキングを掲載しています(対象: 世界、191ヶ国)。 世界 アジア 北米 中南米 ヨーロッパ オセアニア 中東 アフリカ G7 G20 OECD ASEAN EU ユーロ圏 BRICS アジア(羅: Asia )は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州(あしゅう)。 インタビュー調査を行う前に、各国の生活者ニーズを共通の指標でとらえるべく、生活者が最近どのような視点で商品を選んでいそうかという「購入重視点」を、4か国の現地駐在リサーチャーで議論して抽出しました。それが以下で紹介する3つです。 1. 人口増加とともに急増しているのが、「中間層」そして「富裕層」です。人口増加による市場拡大を見込んだ外資企業の投資が集まっています。それとともに、未整備であったインフラが整い、国内経済が成長しています。 何れベトナムも1億人を超えると予想される。, 本統計はWHOと異なり、国のほか領地なども含む。 アジアの地域別の人口動態推計とアジア全体における人口比率は以下のとおりです.グラフは国連の人口動態推計をもとに作成しています. 出典 United Nations Population Division グラフの凡例をクリックすると,クリックされたものを非表示にできます.例えば,「Asia」をクリックするとアジア全体の人口推計が非表示になります.人口比率の低い地域の推計を見る場合に利用してみてください. アジア全体では2055年頃まで人口増加が見込まれ,それ以降は緩やかに減少していく予想です.人口は2015 … 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … 年平均の人口変動率は+0.5%となっている。, 前述のWHOの統計は2018年時点のものだが、本統計は2020年時点となっており新しい。 数値は2020年時点のもの。 アジア・太平洋圏のインターネットユーザー数は全世界人口の半数以上であるおよそ55%ほどで、42億人を超えています。 また、アジア・太平洋圏のソーシャルメディア利用者数は全世界のソーシャルメディア利用人口の57%にあたる約20億人が利用しています。 わずか十数年のうちに、地球上の人口は現在の77億人から約85億人に、さらに2050年までにほぼ100億人に達する見込みです。この増加は、ごく少数の国で生じます。いくつかの国の人口は急激な増大を続ける一方で、人口が減少に転じている国もあります。同時に、平均寿命が地球規模で延び、出生率が低下の一途をたどる中で、世界では高齢化も進んでいます。このような世界人口の規模と構成の変化は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成と、誰一人取り残さない世界の実現に大きく影響します。, 国連による最新の世界人口の推計と予測を提示する世界人口推計2019年版:要旨のうち、主要な10の調査結果は以下の通りです。, 世界の人口は2019年の77億人から2030年の85億人(10%増)へ、さらに2050年には97億人(同26%)、2100年には109億人(42%)へと増えることが予測されています。サハラ以南アフリカの人口は、2050年までに倍増(99%)するとみられています。その他の地域の2019年から2050年にかけての人口増加率はまちまちであり、オーストラリアとニュージーランドを除くオセアニア(56%)、北アフリカ・西アジア(46%)、オーストラリアとニュージーランド(28%)、中央・南アジア(25%)、ラテンアメリカ・カリブ(18%)、東・東南アジア(3%)、欧州・北米(2%)となっています。, 2019年から2050年にかけ、最も大幅な人口増加が起きると見られるのはインド、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア連合共和国、インドネシア、エジプト、米国(予測される人口増が多い順)の9カ国です。インドは2027年頃、中国を抜いて世界で最も人口が多い国になるとみられます。, 最速の人口増加が見込まれるのは最貧国であり、それらの国では人口増加により貧困の根絶(SDGsゴール 1)、不平等の是正(ゴール5および10)、飢餓と栄養不良への対策(ゴール2)、保健・教育のカバレッジと質の向上(ゴール3および4)に対して、追加的な課題が生じます。, サハラ以南アフリカのほとんどの国と、アジアやラテンアメリカ・カリブ地域の一部の国では、最近になって出生率が低下したことで、生産年齢人口(25~64歳)が他の年齢層よりも早いスピードで増加しています。これは、「人口ボーナス」と呼ばれる著しい経済成長が期待できる機会が訪れていることを示唆しています。この「人口ボーナス」から利益を得るためには、政府が特に若者向けの教育と保健に投資し、持続可能な経済成長を促進する条件を整備すべきです。, 現時点で、世界人口の半数近くは、出生率が女性1人当たり2.1人未満の国または地域で暮らしています。2019年の出生率が平均でこれを上回っている地域は、サハラ以南アフリカ(4.6人)、オーストラリアとニュージーランドを除くオセアニア(3.4人)、北アフリカ・西アジア(2.9人)および中央・南アジア(3.4人)です。全世界の出生率は、1990年の女性1人当たり3.2人から2019年には2.5人へと低下し、 2050年にはさらに2.2人へと低下する見込みです。, 1990年の64.2歳から2019年には72.6歳へと延びた世界の平均寿命は、さらに2050年までに77.1歳へと延びる見込みです。国際的な平均寿命の差の縮小という点では、かなりの進展が見られるものの、依然として大きな格差が残っています。2019年現在、後発開発途上国の平均寿命は、主として子どもと妊産婦の死亡率が高止まりしていることに加え、暴力や紛争、HIV蔓延による影響の継続により、世界平均を7.4歳下回っています。, 2019年現在、世界人口の11人に1人(9%)が65歳以上となっていますが、この割合は2050年までに6人に1人(16%)へと増える見込みです。2019年から2050年にかけ、北アフリカ・西アジア、中央・南アジア、東・東南アジア、ラテンアメリカ・カリブの各地域では、65歳以上人口の割合が倍増するとみられています。2050年までに、欧州・北米地域で暮らす4人に1人は、65歳以上となる可能性があります。2018年には史上初の出来事として、全世界の65歳以上人口が5歳未満の子どもの数を上回りました。80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。, 25~64歳の生産年齢人口の65歳以上人口に対する割合を示す潜在扶養指数は、全世界で低下を続けています。日本はこの率が1.8と、世界で最も低くなっています。また、欧州とカリブを中心とする29カ国では、すでに潜在扶養指数が3を下回っています。2050年までに、欧州・北米、東・東南アジアをはじめとする48カ国では、潜在扶養指数が2を下回るものとみられます。こうした低い数値は、高齢化が労働市場と経済実績に及ぼす潜在的な影響のほか、多くの国が高齢者向けの公的医療、年金および社会保障制度を構築、維持しようとする中で、今後数十年で直面することになる財政圧力を如実に示しています。, 2010年以来、27の国と地域で人口が1%以上の減少を示しています。この人口減の原因として、低い出生率と、場所によっては高い移民流出率が挙げられます。2019年から2050年にかけ、55の国と地域で人口が1%以上減少すると予測されていますが、うち26の国と地域では、10%以上の人口減少がみられる可能性もあります。例えば中国では、2019年から2050年にかけて人口が3,140万人と、2.2%の減少を遂げるものと予測されます。, 2010年から2020年にかけ、欧州・北米、北アフリカ・西アジア、オーストラリアとニュージーランドは移民が入国超過となり、他の地域は出国超過となる見込みです。14の国と地域で移民が100万人を超える純増となる一方、10カ国では、逆に100万人を超える移民流出が起きるとみられます。最も大規模な移民流出の中には、移民労働者に対する需要(バングラデシュ、ネパールおよびフィリピン)、または、暴力や治安悪化、武力紛争(シリア、ベネズエラ、ミャンマー)を主因とするものがあります。ベラルーシ、エストニア、ドイツ、ハンガリー、イタリア、日本、ロシア連邦、セルビアおよびウクライナでは、この10年間で移民が純増となり、死亡率と出生率の差によってもたらされる人口減少が部分的に相殺される見込みです。, これらの主な調査結果は、国連経済社会局人口部が報告書「世界人口推計2019年版:要旨」を基に作成したものです。この報告書は、国連による26回目の正式な世界人口推計・予測の主要結果を提示するものです。人口部によるその他の活動については、www.unpopulation.orgをご覧ください。, 【関連記事】世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書, 世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書. 外務省 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1地図電話(代表)03-3580-3311 法人番号 9000012040001地図電話(代表)03-3580-3311 法人番号 9000012040001 数値は2018年時点のもの。 86 環太平洋ビジネス情報 RIM 2010 Vol.10 No.38 要 旨 1.本稿は、アジアの新興国における大都市の構造変化を、中国の上海市、タイのバ ンコクを事例に考察し、その新しい特徴と役割を提示するものであ … 日本の人口は11位と上位に食い込みますが、山間部が多いため人口密度はそこまで高くないようです。 ここでは日本の人口密度は世界40位ですが、国や地域の分け方次第でかなり順位に差が出てくるのでちょっと注意が必要です。 中国にいたっては2015年が人口ボーナスの終了で、数年前から2015年前後が中国経済の分岐点と各方面から言われ続けてきました。 とここまでは若干過去的な話でしたが、未来に目を向けると、東南アジアの人口ボーナスが凄い事になっています。 「エコ意識」 プラスチックごみ廃棄問題への対応策として、レジ袋を紙にするという動きが見られています。さらに、タイやベトナムのスーパーではプラスチック使用量軽減の … 人口動態統計 西・中央アジアの人口は2006年の3億7,100万人から2020年には 億7,900万人に 増加する見通しである(図 6)。本地域の人口は2005年から2020年の15年間に年 間2%の増加率を示すものと予想 … Sources - 人口ピラミッドとは? - キーワード: 人口統計, 人口ピラミッド, 年齢分布, 高齢化, 退職, 世界, 2020. 東南アジアの国の一覧やちょっとした解説までをまとめていきます。各国の位置関係を地図で確認したり、その人口規模などをチェックしていきましょう。日本や中国よりも南に位置し、インドよりも東に位置する東南アジア地域は近年、著しい経済成長を誇ってきま WHO(世界保健機関)およびUNFPA(国連人口基金)の統計資料に基づく人口ランキング。, WHOが発表した2020年版の世界保健統計(World Health Statistics)によると、人口が最も多い国は中国で約14億3565万人だった。 飢餓とは食料が継続的に不足することによって栄養不足の状態が続き、健康的な体調の維持が困難になっている状態のことを指します。 多くの発展途上の国の人々が栄養不足の状態に陥っています。 2018年に発表された国連の調査によれば世界で約8億人以上、世界人口の9分の1が飢餓の状態にあるとされており、飢餓人口の約3分の2がアジア地域に集中しています。 また、割合の分布図を見ていくと最も高いのはサハラ以南のア … 人口が1億人を超えている国は13位のフィリピンまで13カ国ある。, 本統計はWHO加盟国194の国と地域を対象としている。 今回は東南アジアのシンガポール、インドネシア、タイなどASEANに加盟してるの10カ国の人口数をGoogleのPublic Dataを使って調べていきます。 Wikipediaではバングラディシュがランクインされていましたが、ASEANに加盟していないので今回はランキングから除いています。 メキシコの人口推移(過 … 国別は「ジョンズホプキンス大学」の公表データ、東京都だけ都庁の公表データを集計しています。 国別activeな患者数の割合(降順)※人口÷activeな患者数. 人口が10億人を超えている国は中国とインドのみで、両国とも前回の統計より若干増加している。, 日本の人口は約1億2720万人で世界10位。 総人口は多くの国で減少へ アジアの総人口 1,800 (100万人) インド 2050年 16億1,380万人 160 (100万人) 日本(ピク) フィリピン 今回は東南アジアのシンガポール、インドネシア、タイなどASEANに加盟してるの10カ国の人口数をGoogleのPublic Dataを使って調べていきます。 Wikipediaではバングラディシュがランクインされていましたが、ASEANに加盟していないので今回はランキングから除いています。 スーパーやコンビニなどに行けば食糧が手に入る日本とは違い、地域によってはその日の食糧さえ手に入れることが難しい国や地域があります。 2018年時点で、世界では飢餓に陥っている人が8億2,160万人もいると報告されています。 その中でも最も厳しい状況に置かれているのがアフリカです。 アフリカの飢餓蔓延率は世界で最も高いといわれており、その人口は2億5,610万人と言われています。 アフリカのどの地域でも蔓延率 … このうち男性が約6212万人、女性が約6507万人となっており、女性の方が若干多い。, ランキング上位10カ国を見ると、日本を含めアジア地域の国が6カ国もランクインしている。 本統計ではエジプトも1億人を超えており、人口が1億人を超えている国は14カ国となっている。 さらに少し下にはフィリピンが13位に入っている。, 世界の総人口は約75億9469万人で、毎年増加傾向。 数値が0.0になっているものはゼロではなく、四捨五入した値。 わずか十数年のうちに、地球上の人口は現在の77億人から約85億人に、さらに2050年までにほぼ100億人に達する見込みです。この増加は、ごく少数の国で生じます。 数値の記載がない国は「-」で記している。 2位はインドで約13億5264万人。 現在入院・加療中の患者が、人口何人当たりに1人の割合で存在するかを小さい方から並べています。 世界人口ランキング・国別順位(2020年版) ... ランキング上位10カ国を見ると、日本を含めアジア地域の国が6カ国もランクインしている。 さらに少し下にはフィリピンが13位に入っている。 推計人口:各年7月1日現在。 面積:内水面を含む全面積。極地及び居住不可能な島を除く。 人口密度:面積1平方キロメートル当たりの人口。なお,推計人口とは出典が異なるため,掲載値から算出すると,値が異なる場合がある。 2-5 主要都市人口 〔出典〕 下表は総人口が多い順に並べた。.