夏のカヌー体験なら、水着の上にラッシュガードを羽織ったスタイルに。ラッシュガードなら濡れても安心ですし、何より紫外線から肌を守ることができるので、日差しの強い時期には用意しておきたいところです。おしゃれなデザインのものも多いので、あなた好みの一着を見つけてみてはいかがでしょうか。, さらにカヌーの際には、「スパッツ」を履くのもおすすめ!スポーツ用のスパッツなら、速乾性に優れていたり蒸れにくかったりと高機能のものが多く、マリンアクティビティに重宝できるところがポイント。さらに何より、脚の日焼けを防ぐことができるため、紫外線対策にもうってつけだと言えるでしょう。 ・水着(夏場の下着替わりに), ここからは、カヌー体験におすすめのコーディネートを具体的にご紹介していきます。そこでまだまだ肌寒い日も続く春には、しっかりとしたアウターとは言わずにも、軽めのジャケットのご用意を。水上に吹く冷たい風を防ぐことができますし、体を冷やさないために持ち寄りください。 暖かいときは紫外線マックスで暑いくらいですが、雨が降るとどうしても体が冷えてしまいます。 雨仕様の服装って? ・サンダル(ビーチサンダルはNG。寒い季節は厚手の靴下も) 1月〜2月 西表島の天気服装 北風が強くかなり寒いです。風速1mにより体感気温が-1℃下がると言われています。この時期は頻繁に風速7mの風が吹く事もあるので気温が18℃あっても体感気温は11℃になり … 季節やその日のコンディションによって、持ち物・服装が違います。 詳しくはスタッフまで. ・タオル ・帽子やサングラス 今度の休みはどこに行こう…そんな悩みを解消するために、関東のおすすめスポットをピックアップしてご紹介!観光からショッピング、注目のアクティビティまでバラエティに富んだ内容なので、きっと皆さんの「行ってみたい」が見つかるはずです!! 冬の服装(カヌー) 冬は奄美でも寒いです。 風が強いので、 気温より寒く感じます。 なので、 風を通さない服 があれば最高です。 あとは寒いので、 暖かい恰好 が大事です。 間違っても 冬のtシャツ なんてことにならないように… 雨も多いので (日照時間は日本で 2 ・レインウェア(防寒にも便利) 月ごとの旅行先での服装の目安. © 2004 - 2021. 西表島でカヌーを楽しむ際の服装 - 春【3月~5月上旬】 - 夏【5月下旬~9月】 - 秋・冬【10月下旬〜2月】 西表島のどんな場所でカヌーを楽しめる? - 美しいマングローブ林が広がる「シイラ … ライフジャケット・フローティングベスト, カヤック, パドル, パドリングウェア, カヌー, ポンプ・ロープ・バッグ の優れたセレクションからの スポーツ&アウトドア のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。 カヌーは5~9月、ラフティングは7~9月の期間. そとあそび All rights reserved. さらに、自分のスキルに合ったフィールドを選ぶことも、安全に楽しむためには大切になってきます。海や川は、岸まで戻ってくるのに漕ぐ力が必要ですし、意図せず流される可能性もあるので、実は初心者には難しいフィールド。初めて経験するのなら、比較的穏やかな湖や内海をチョイスすることをおすすめします。, yamamimi1217(@yamamimi1217)がシェアした投稿 - 2019年11月月2日午前6時54分PDT, さらに気になるのが、カヌー体験の際に必要な持ち物。何の問題もなくカヌーを楽しむためにも、必要なものをきちんと揃えておきたいところです。ここでは初心者に向けて、用意しておくべきアイテムや便利グッズをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 グレーのTシャツに柄物のショートパンツを合わせて、リラックスムード漂う夏らしいコーディネートに。この季節は必ず帽子を被り、強い日差しから身を守りましょう。さらにサングラスも持っておくと、水面の照り返しから目を守ることができるのでおすすめです。, 秋はまだまだ夏の暑さが残ると言えど、急に冷え込む日もあるので注意が必要。夏の着こなしでは心もとないため、寒い季節の装いにシフトチェンジしてください。例えば「レイヤード(重ね着)」を意識して、急な気温の変化に対応できるスタイルにまとめると安心です。 長袖トップスにベストを羽織り、アウトドアらしいスタイルに。さらにハーフパンツに濡れてもOKのレギンスをレイヤードして、秋らしい装いを完成させましょう。また、肌寒くなってきたとは言えまだまだ日差しが強い日もありますので、キャップやサングラスを持っておくとgood。, 実は寒い冬でも、カヌーを楽しむことができます。基本的には他の季節と同様に、濡れても良い化繊生地の服装に着替えるのがマスト。ジーパンやチノパン、セーターや綿素材の衣服では、乗船を断られる場合もありますので、お控えください。ハイキングウェアやジムウェアのような、運動着を意識すると良いでしょう。 ラフティング・カヌーでの服装イメージです。 青文字はレンタル可能 なアイテムです。 ガイドがツアー当日の気温や水温を考慮して最適な服装をお伝えしています。 夏スタイル. 11月の石垣島の気候 下に石垣島とその周辺の島および東京の11月の気温をまとめました。 最高気温でさえ26.3度であり、最低気温に至っては21.9度と前月と比較してかなり低くなっています。 初めてカヌーを体験する際、どんな服装で、何を持っていけばいいのかお悩みの人も多いのではないでしょうか。今回はカヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。. 最高 31℃ 最低 24℃ 降水 30% 9月4日(金)の情報 . 初めてカヌーを体験する際、どんな服装で、何を持っていけばいいのかお悩みの人も多いのではないでしょうか。今回はカヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。 【西表島】9月はベストシーズン!?旅行前に知っておくべきこと 【西表島】10月の泳げる!?旅行前に知っておくべきこと 【西表島】11月は寒い!?行く前に知っておくべきこと . 大会名 第56回全日本学生カヌースプリント選手権大会 期日 9月18日(金)~9月22日(火) 場所 石川県 小松市 木場潟カヌー競技場 9月4日(金) 雨. カヌー・カヤックを楽しむ服装 - 1.服選びの基本 - 2.帽子とサングラス選びも大切 - 3.足元も重要 - 4.5~10月はこんな服装が最適 - 5.11〜4月はこんな服装が最適 おすすめカヤックツアー - 1.クリアカヤックツアー - 2.島冒険カヤックツアー 奄美大島の秋も10月以降になるとかなり涼しくなります。晴れた日は半袖で過ごせても、 … 過去の気温のデータから服装の目安を求めています。ここでは、月ごとの服装の目安を確認することができます。北海道(道東)の以下に示す地域を参照できます。 例えばこちらのアイテムは、UVカット機能により紫外線対策に便利な「ポケッタブルUVカットパーカ」。撥水加工が施されているため、水を弾いてくれるところも嬉しいポイントです。さらに、小さく折りたたんで収納できるポケッタブル仕様により、コンパクトに持ち運びができるところもgood。, いかがでしたか?今回は、カヌー体験時の注意点から必須アイテム、そしておすすめの服装まで一挙ご紹介しました。カヌーを体験する際には、濡れても良い着こなしにまとめるのが基本。もしも寒い季節にトライするのなら、しっかりと防寒対策を行った上で、風を遮れるレインコートなどを着用すると、快適に楽しむことができるでしょう。ぜひ参考にして、事前の準備と正しい服装で存分にカヌー体験をお楽しみください!. 冬の奄美大島で人気なのが、マングローブの中を行くカヌーツアー!穏やかな水面をぷかぷかと漂うカヌーに心地よく揺られながら、日本にいるのに、まるで熱帯のジャングルのような、マングローブ独特の雰囲気をたっぷりと味わえます。とはいえ、冬の水辺って寒くないの? 最高 29℃ 最低--℃; 降水 60% 9月5日(土) くもり一時雨. 川遊びの定番アクティビティ「カヌー」。老若男女、そして初心者でも気軽に楽しめる魅力的なアクティビティですが、どのような服装でトライすべきなのか気になるところです。そこで今回は、カヌー体験の持ち物からおすすめの服装をご紹介します!, 川遊びの定番として親しまれている「カヌー」。そもそもカヌーとは、小舟に乗ってパドルを使って漕ぐアクティビティであり、比較的難易度も低く、初心者でも気軽にチャレンジしやすいところが魅力だと言えます。カヤックと混同されやすいのですが、カヌーはブレードが片方だけのパドル、カヤックは両方にブレードのあるパドルを使用するところが明確な違いです。 そこで今回は、カヌー体験の注意点から必要な持ち物、そしておすすめの服装まで一挙ご紹介します!初めてのカヌー体験の満足度をグッと高めるためには、しっかりとした装備で正しい着こなしにまとめるのが重要なポイントに。ウォータースポーツの経験が初めての方は特に、ぜひ最後までご覧ください。, Maki Takeshima(@takemakimaki)がシェアした投稿 - 2019年11月月10日午後3時58分PST, カヌーは、小さな子供からお年寄りまで誰もが楽しめるアクティビティ。とは言え、水辺のアクティビティということで絶対的に安全だというわけではありませんので、ここで注意点をチェックしておきましょう。そこでまず初心者は、はじめのうちは必ず上級者やプロと一緒に体験してください。いくら難易度が低いとは言え、初心者だけでは適切な判断をすることができません。 「速乾性」のある化学繊維の服装. さらに寒い季節に必要なのが、ズバリ「レインウェア」!レインウェアは濡れ対策だけではなく、風を防ぐため寒さ対策にもぴったりなので、必ず着用してください。一般的には、11月中旬頃から4月上旬頃までは、レインウェアが必要だとされているので、体験する時期に合わせて用意しましょう。, さらにカヌーの体験時に重宝できるアイテムの一つが、「ラッシュガード」です。そもそもラッシュガードとは、本来サーフィンなどのマリンスポーツ用のアンダーウェアであり、肌を保護したり、体温の低下を防ぐために着用するもの。水着の上にさらっと羽織るスタイルも定番で、日焼け対策が叶うところも魅力的です。 例えば華やかなナイロンジャケットを着用して、おしゃれにカヌーを楽しんでみて!ナイロン生地は撥水加工の代表ですので、濡れても安心なところが嬉しいポイントです。ボトムスはベージュのチノショートパンツで女性らしく、足元はレギンスにロングブーツで、ワンランク上のアウトドアコーデを叶えてください。, 夏は、カヌーをはじめとした水上アクティビティのベストシーズン!水着を下着替わりにして、その上に化繊のTシャツと短パンを着用する、というスタイルが一般的だと言えます。ただこの季節には日差しが強いため、日焼け対策や熱中症対策に力を入れる必要があります。 基本、夏の間(6月・7月・8月・9月・10月)は『半袖』『ブラウス』『ショートパンツ』『スカート』などの本州で着るような夏服でOK。ただ、雨が降りやすいので、着替えはあったほうがいいです。 水辺で遊ぶ場合は、より乾きやすいナイロン素材の服がおすすめです。 秋冬(11月・11月・12月・1月・2月)は北風が吹き、寒いので、風除けのできるジャケットがあるとGood。風さえ防げれば寒さは和らぐので、本州の秋に着るような長袖でOK。 パーカーぐらいの分厚さがあると、汗をかくので、2mmぐ … カヌーをより安全・快適にカヌーを楽しむためには、服装選びのポイントを押さえることが大切です。 まずは用意を始める前に、服装選びの以下のポイントをしっかりとチェックしておきましょう。 1. カヌーはパドルを使って船を漕ぐ水上アクティビティで、オリンピックの正式種目としても注目されています。今回は初心者の方でもカヌーを楽しめるよう、カヌーをするための服装、あると便利なアイテム、関東近郊でカヌーを楽しむことのできるスポットを紹介します! ・着替え(下着までお忘れなく) カヌーの服装選びで大切となる3つのポイント . 西表島の11月とは? 東京の9月(秋)の温かさぐらいの23℃が西表島の平均気温になります。最高気温25℃、最低気温21℃ほどになり遅ればせながら秋を迎えた格好になります。10月に比べると、雨量も200mを切る程度などで天候は比較的安定しています。 沖縄で人気のマングローブカヤックツアーは、那覇空港からわずか45分の比謝川(沖縄本島中部・嘉手納町)で開催中。初めての方も大歓迎。毎日7回催行していますのでお好きな開催時間をお選び頂けます。各種割引・キャンペーンもお見逃しなく! 初めてカヌーを体験する時、案外迷ってしまうのが"服装"のこと。今回はカヌーの人気スポット、釧路エリアで体験ツアーに参加する方に、思いっきり楽しめる服装を教えちゃいます! ■カヌーに必要な持ち物 講習後は温水シャワー(無料)がご利用になれます。 近くの温泉施設などご案内できます。 ご希望の方は、お風呂の準備も是非! 宿泊希望の方は近くの宿泊施設をご案内。 カヤック. ・防水ケース(携帯や貴重品などを入れるため) 奄美大島のマングローブをカヌーツアーで体感!服装やおすすめの時間、予約方法は? 公開日 : 2018年11月11日 / 更新日 : 2019年11月30日 川遊びの定番アクティビティ「カヌー」。老若男女、そして初心者でも気軽に楽しめる魅力的なアクティビティですが、どのような服装でトライすべきなのか気になるところです。そこで今回は、カヌー体験の持ち物からおすすめの服装をご紹介します! 11月の沖縄は夏の暑さも和らぎ、まさに観光のベストシーズンといえます。11月のオフシーズンであっても、やりたいことを書き出して、計画的旅行を楽しみたいですね。人も少ない11月の沖縄におすすめのアクティビティを一挙紹介します。 セグウェイツアーin奄美(@segway.amami)がシェアした投稿 - 2019年11月月3日午前6時00分PST. 美しい景色を眺めながらのんびりと水上散歩をしたり、川を下ってツーリングしたりと、楽しみ方はさまざまです。また、夏だけでなく、春や秋も含め、1年を通して遊べるので、初めてという人でも比較的気軽に挑戦できます。, 今回は初めてカヌーを体験するという人向けに、適した服装や必要な持ち物、さらに全国で開催されているおすすめのカヌー・カヤックツアーを紹介します!, カヌーの体験をする時の服装のポイントは「動きやすく快適」「濡れても乾きやすい」「風を防げる」ことです。, 全身を使うスポーツですので、動きやすいのは大前提。転覆して水の中に落ちても動きを妨げず、濡れた場合もすぐに乾いて体を冷やさない素材を念頭に置いておきましょう。, おすすめなのは、濡れても保温性があるフリース素材や、速乾性のあるドライシャツといった化繊生地の服装です。, 肌の上に直接着る服はラッシュガードがベストですが、マラソンやジムで身に付けるような運動着でも代用できます。どうしても日焼けしたくない人は、長袖長ズボンを選ぶのを忘れないようにしましょう。, トレーナーやジーンズ生地、チノパン、スカートなどの綿製品は、濡れると重くなって動きが制限されてしまう上、体温を奪うため、寒い秋や冬場だけでなく、夏場においても危険です。安全管理上、綿素材の服装での体験ツアーの参加を禁止しているカヌースクールも多いので、綿の衣料品は避けましょう。, ただし、開催地の気温や日差しの強さによっては薄着が適さないため、事前に確認をしておくのがよいでしょう。水着で参加する場合も、念のためシャツとロングパンツも持っておき、水着は下着代わりに使うのがおすすめです。, 濡れたまま風に当たると体温を奪われてしまうため、風を通さないレインウエアや、ウィンドブレーカーも用意しておきましょう。, レインウエアや、ウィンドブレーカーだけでは保温性が足りないため、寒い季節は、保温性をアップさせる長袖のドライシャツなど、化繊のインナーウエアをジャケットの内側に着用してください。, ツアーの主催会社によっては、ライフジャケットなどの基本装備以外にも、レインウエアや防水ジャケットなどをレンタルしているところもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。, ウエアに比べ、荷物に入れるのを忘れてしまいがちな小さい持ち物類ですが、用意があればカヌーツアーがもっと楽しく、快適な体験になること間違いなし。しっかり事前にチェックしましょう!, 濡れた体や、濡れた衣類の水気を吸収するために吸水性の高いタオルを2〜3枚用意しておきましょう。座るときに地面に敷いたり野外で着替えたりする際に使えるので、汚れてもいい大きめのタオルがおすすめです。, 水の上は日差しを遮るものがないので、夏はもちろんほかの季節でも、日焼け対策になるハットタイプの帽子が必需品。少量の雨の際も心強い味方となります。, 今年の球磨川カヌー用の靴キター♪NRSです。チタニュウムやけんが暖かい。 pic.twitter.com/tNNicR1M, ツアー参加時に履く靴は、濡れても構わず、運動に適したマリンシューズやランニングシューズなどがおすすめです。カヤックのフットブレイス(足置き部分)に足を置きづらいので、底が厚すぎるものはやめましょう。, 着替え時の気軽さを考えるとサンダルが便利ですが、サンダルを選ぶ場合は体験時に脱げてしまわぬよう、踵を固定するストラップ付きのものにしてください。, レンタルシューズを用意しているツアーもありますが、有料の場合が多いです。自身で持っているサンダルや靴があれば用意しましょう。, 強い日差しにはサングラスがあると好ましいですが、体験中に水の中に落としてしまわないように、メガネバンドもあわせて準備しておきましょう。また、視界の眩しさをガードしてくれるので安全面でも持っておくといいでしょう。, また、水上は日焼けをしやすく、対策をしていない場合にはやけどのような状態になってしまうこともあるので、特に夏場は日焼け止めも用意しましょう。, 濡れた着替えを持って帰るのにはコンビニやスーパーでもらえるビニール袋もおすすめ。気軽に使えるので数枚持っておきましょう。, 自然の中で行うアクティビティは、地方でしか楽しめないと思っていませんか?実は、東京都内にもSUPやカヌー、ラフティングやキャニオニングなど、アクティビティを体験できるスポットはたくさんあります。思い立ったら、今週末にも挑戦できるんです!, 10連休のGWまで1ヶ月を切りました!そろそろ本格的に予定を立てようとしてる人に向けて、春に旬を迎えるアウトドアレジャーをご紹介します!, 沖縄・西表島は南国情緒漂う美しい島。珍しい動植物が数多く息づくため「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。そんな西表島の大自然を満喫するなら「マングローブクルーズ」がおすすめです!, おだやかな陽気のGWは、川遊びのレジャーがいよいよ本格的にスタートする時期!でも遊び終えたらまだまだ肌寒いかもしれません。そんな時には温泉付きツアーがおすすめ。大阪から日帰りもできるツアーを4つご紹介します!, 世界自然遺産候補の西表島でマングローブツアー!多種多様な生物が暮らす生命のゆりかご、マングローブをカヤックで探検できるツアーをご紹介!非日常感たっぷりの大冒険があなたを待っていますよ♪, 西表島に行ったらぜひ体験したいのがシーカヤックです。普段とは打って変わって海面から見る自然の景色は格別!今回はアウトドアレジャーサイト「そとあそび」で取り扱っているシーカヤックツアーまとめをご紹介します。, ハワイ発の新感覚アクティビティSUPをご存知ですか?SUPとは、スタンドアップパドルの略で、最近日本でも人気を集めつつあります。今回は、そんなSUPの魅力をご紹介します。, 西表島の手付かずの自然の中をジャングルトレッキングして雄大な滝を見に行ってみませんか?今回は西表島で体験できるジャングルトレッキングツアーをご紹介いたします。, 世界自然遺産の登録が間近ともいわれ、近年ますます注目が集まっている西表島(いりおもてじま)。その大自然を感じられるアクティビティであるケイビングの魅力的なツアーを厳選してご紹介します!, 週末のデートやファミリーのアウトドアアクティビティにカヌーはいかがですか?車がなくても電車で気軽に参加できる関東のカヌーツアーをご紹介!東京から日帰りで参加できるものだけを集めました。, 長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳は夏の避暑地というイメージがありますが、実は冬に遊べる場所も盛りだくさん!今回、厳選した遊び方を8つ紹介します。, トレッキングの際に使う人も多い、トレッキングポール。今回はトレッキングポールの役割や使い方、選び方について紹介します。使いこなして軽快なトレッキングを楽しみましょう!, 雪遊びをするとき、子供にどんな服を着せたらいいか迷うもの。0〜4歳と、5歳以上に分けておすすめの服装や持ち物、遊び道具について紹介します。準備万端で雪遊びを楽しみましょう!, 夏のイメージが強いスキューバダイビングですが、実は冬もおすすめのアクティビティなんです!なぜおすすめなのか?その理由と、冬の海の魅力を紹介します。あなたも思い切って、冬ダイビングに挑戦してみませんか?, 野生のクジラを見てみたいけど、ベストシーズンはいつ?という人のために、ホエールウォッチングができる全国のスポットと、おすすめの時期をまとめました。さらに高い遭遇率を誇るツアーも紹介します!, 大分県の湯布院(由布院)といえば由布岳の恵みを受けた温泉が有名ですが、温泉以外の楽しみも盛りだくさん!豊かな自然を感じられる景勝地や歴史ある名所、おいしいグルメなど、心も体もリフレッシュできるおすすめスポット21ヶ所を紹介します。, パラグライダーをやってみたいけれど、どこに行けばいいのかわからないとお悩み中のあなた。実はパラグライダーにチャレンジできるスポットは関東近郊にたくさんあるんです。今回は、都心から日帰りで行ける関東のスポット8選に加え、静岡県のスポットを2つ紹介します!, 福島県北部に位置する裏磐梯のおすすめ観光スポット16ヶ所を紹介!自然散策から美術館、温泉、アウトドアレジャーまで幅広くお届け。家族旅行からデート、1人旅まで役立つこと間違いなしです!, 関西は、冬ならではの景観を楽しみたい人やアクティブに遊びたい人、また暖かい屋内で過ごしたい人など、誰もが満足できるスポットが勢ぞろいです。冬の関西で観光するならココ!というおすすめスポットを厳選して23ヶ所紹介します!, 世界中で注目されているキャンプスタイル“グランピング”。自然が豊かで、ラグジュアリーな時間を過ごせること間違いなしのおすすめスポットを全国から厳選!BBQはもちろん、野菜の収穫体験やマリンレジャーなど魅力的な体験ができるスポットもあり!, 宮城・山形両県にまたがる蔵王エリアは、蔵王連峰を中心に見どころが盛りだくさん。今回は自然や歴史、食べ物、レジャーなど幅広いジャンルの観光スポットを紹介します。見て、食べて、体験して…蔵王を満喫しましょう!, 冬の沖縄へ行くなら、野生のザトウクジラを見られる絶好のチャンス!絶対に見ておきたい3つの理由と、おすすめのホエールウォッチングツアーを紹介します。12月下旬からシーズンが始まりますよ!, 1月の沖縄でシュノーケリングできる!?冬だからこそ楽しめる沖縄の海の魅力と、さまざまな楽しみ方ができるおすすめのシュノーケリングツアーを紹介します!, 子連れで本当に楽しめる関西のお出かけスポットはどこ!?一度は行きたい有名スポットから自然が豊かな癒やしスポット、本格的なアウトドアレジャー体験まで、幼児と小学生以上に分けておすすめのスポットを紹介します。, 宮古島で外せない厳選した観光スポットを40ヶ所紹介します!感動を覚える絶景をはじめ、自然を満喫できるアクティビティ・レジャー、ご当地グルメ、歴史・文化にふれられるスポットなど幅広くお届け。宮古島観光を誰よりも楽しみましょう!, 今回紹介するのは上質なパウダースノーと豊富な雪量を誇る、日本屈指のスノーリゾートがそろう長野県。標高差を生かしたダイナミックなコースや絶景ゲレンデまで、それぞれ特徴たっぷりなのでぜひ参考にしてください!, 関東の近くて便利なスキー場15選!関東から日帰りで行ける甲信越・東海のゲレンデも!, 「明日はスキーに行きたい!」思い立ったら日帰りでも行ける、関東からアクセスの良いスキー場をご紹介します。初心者でも家族でもみんなで楽しめる、スキー場とスノーレジャー情報が満載です!, 誰でも気軽に始められる冬のアクティビティ、それがドーム船のワカサギ釣りです。釣って楽しい、食べて大満足。関東近郊で気軽に始められます。冬の風物詩といわれる遊びに出かけましょう!, ワカサギ釣りをしてみたい!という方のために、防寒対策が欠かせないワカサギ釣りの「服装」と必要な「持ち物」をご紹介。釣り道具をすべてレンタルできる、初心者におすすめの体験ツアーもご紹介します。この冬はワカサギ釣りで盛り上がろう!, 沖縄離島の中でも抜群の人気を誇る石垣島。美しい海だけでなく、あらゆる魅力が詰まったこの島の必訪スポットをまとめてみました!, ホエールウォッチングに着ていく服装ってどんなのがいいんだろう?そんな疑問に答えます!事前に準備しておきたい持ち物や、国内でおすすめのツアーも紹介。野生クジラとの感動的な対面、ぜひ体験してみませんか?, 旅行先で人気の沖縄は、独自の文化が育んだ食や文化にまつわるお土産が盛りだくさん!今回は、買っておけば間違いない代表的な沖縄みやげと沖縄らしい工芸品が手に入るショップをまとめて紹介します!, 人気の観光地・鎌倉。車でのアクセスが便利な場所から定番の名所まで、ドライブしながら巡れる観光スポットを紹介します!そろそろ紅葉シーズン。休日はぜひ鎌倉へお出かけしませんか?, ペットと一緒にお出かけできる場所探しに悩んでいませんか?ペット愛好家のために、関西でペットとお出かけを楽しめるスポット&レジャーを紹介!ドッグランはもちろん、ショッピングからグルメ、温泉までペットと一緒に満喫しましょう。, 沖縄県の人気リゾート・恩納村で楽しめるSUPツアー大集合!驚くほど透き通った海でSUPをすれば、思い出深い体験になること間違いなし!併せて青の洞窟でシュノーケリングしたり、SUPでサンセットを迎えたりできる魅力的なツアーを紹介します。, 気持ちいい季節。関東のお出かけスポット目指して、日帰りドライブに出かけよう!電車よりも断然車で行きたい15スポットを、首都圏からの所要時間別に紹介します。自然の景色を楽しみつつ、アウトドアレジャーも楽しみましょう!, 電車に乗ってSUPへGO!Mistral(ミストラル)の「Adventure」はフルセットなのに持ち運びが楽々でした, マイカーを持っていないけれどSUPに行きたい!そんな人にぴったりなのが、初心者から上級者までおすすめのインフレータブルSUP「Mistral(ミストラル) Adventure」。スーツケースのような背負えるバッグに楽々収納できるから、電車で海まで簡単に持ち運べます!, 都心からもアクセスしやすい静岡県の伊豆。今回は子供だけじゃもったいない!大人も楽しめる伊豆の観光スポットをエリア別に紹介します。名所から景勝地、温泉、レジャー施設まで、伊豆の旅を濃く彩ってくれるスポットばかりです!, 趣のある木造建築旅館にガス灯の光。歴史情緒たっぷりの景観で人気の銀山温泉は、おいしいグルメや観光も魅力的な場所!大正ロマン漂う雰囲気にたっぷり浸れる、おすすめの観光スポットを紹介します。, 今年の冬はどこに行こう?迷っているあなたのために、関東の観光スポットを厳選して紹介。定番のイルミネーションスポットから初心者でも楽しめるスノースポーツ、温泉まで盛りだくさん。ぴったりの場所を見つけて、冬を楽しもう!, スノーシューは、フカフカの雪に覆われた冬山を気軽に散策できるアクティビティ。「今年こそは体験したい!」と思っている人のために、今回は、スノーシューを始める際に必要な準備と初心者が参加できるツアーを紹介します。, 岐阜県北部の飛騨地方にある高山市は、江戸時代の城下町の姿を残す「古い町並」など歴史ある建物や豊かな自然の風景が魅力。さらに冬は雪が彩る絶景を楽しめます。今回は古都・飛騨高山を冬に訪れるなら立ち寄っておきたい15スポットを紹介します!, 島の90%を亜熱帯の森が覆う自然の宝庫、西表島。自然とともに楽しめる魅力的な観光スポットやアクティビティを一挙紹介!おすすめの宿泊施設やグルメスポットも網羅しました。初めて西表島を訪れるなら、ぜひ押さえておきましょう。, コンタクトレンズをしないと見えないから、海に潜るスキューバダイビングなんてできない…そう思っている人いませんか?マスクを付けるダイビングは、コンタクトをしたままでもOKなんです!水中で心地良くいられるポイントや、初心者におすすめのツアーを紹介します。, 海の上を気軽に移動できるシーカヤックは、沖縄県の澄み渡る海を楽しむのにぴったり!初心者や未経験者でも問題なく参加できるツアーが多数あるので、旅行のプランのひとつにおすすめです。今回は、沖縄でシーカヤックツアーに参加するのに適した服装を季節ごとに紹介します!, 美しい海に囲まれた沖縄県の宮古島はシュノーケリングに絶好のスポット!子供でも気軽に楽しめるシュノーケリングですが、自然豊かな宮古島の海には注意しなければならない危険生物も潜んでいます。事前に注意が必要な生き物について知っておきましょう。, 北海道の旭川市は雄大な自然だけでなく、動物園や科学館などの観光スポットも数多く魅力的。今回は旭川観光でどこへ行こうか迷っている人のために、ランキングでも多く取り上げられる定番観光スポットを一挙に紹介します。, 亜熱帯の島・沖縄では、秋でもシュノーケリングを楽しめます。夏のにぎわいが一段落する11月、ゆったり快適に過ごせるこの季節だからこそ、沖縄でシュノーケリングのツアーに参加してみませんか?, 「尾張の小京都」と呼ばれる犬山市は「犬山城」をはじめ多くの歴史的建造物が残る人気観光スポット。今回は、歴史探訪はもちろん、遊園地や木曽川でのアウトドアレジャーなど、犬山市でおすすめのスポットを20ヶ所紹介します。, 大きな機体を操縦することから、限られた人だけが楽しむイメージのあるハンググライダー。実は小さな子供や初心者でも体験できる、意外と身近なアクティビティなんです!今回はハンググライダーの魅力と、気軽に体験できるツアーを紹介します。, 日本で南の楽園といえば…沖縄?いえいえ、もっと手つかずの大自然が残る楽園があるんです。それが鹿児島県の離島「奄美大島」!今回は奄美大島の自然を堪能できるアクティビティや代表的な観光スポットを紹介します。, 紅葉を見に行きたいけど、遠方には行けない…という人も諦めないで!日帰りでさくっとアクセスできる上に、抜群に美しい東京都内の紅葉スポットを厳選して紹介します。都心から奥多摩まで、紅葉狩りで秋の行楽を楽しみましょう。. 天気の時間 → 四国 → カヌー館の天気予報 カヌー館の天気予報. 例えばパープルのTシャツには白のアンダーシャツを仕込み、さりげなく紫外線対策を。さらにゆったりとした黒ショートパンツに黒スパッツを合わせ、シンプルなアウトドアスタイルにまとめましょう。帽子はつばの広いアウトドアハットで、顔の紫外線対策も抜かりなく。, 「カヌーの服装ってどこで揃えたらいいの?」「頻繁に体験するわけではないし、本格的に揃えるのはちょっと……」そんなあなたは、ぜひ「UNIQLO(ユニクロ)」をチェックしてみて!コスパよくカヌーにぴったりの衣服を全身揃えることができますし、シンプルで使いやすいデザインが多いため、大人の女性におすすめです。 奄美大島におすすめの服装【秋(9・10・11月)②】10月以降は長袖の羽織りものがマスト この投稿をInstagramで見る. マングローブをカヌーで見てまわる際の服装について解説します。カヌーに乗る以上は、濡れてもいい服装をする必要があります。カヌーのパドルから水が落ちてくるので、ズボンなどは確実に濡れていきます。 それ以外に関しては、気候に合わせた服装でも充分といえます。また、カヌー自� 誰しも、ときに非日常を感じたくなるもの。感動的で新しい発見に出合うなら、自然の中で体を動かせる体験がおすすめです。今回は関東で非日常を体感できる、とびっきりのアウトドアを紹介!あなたも一歩踏み出して挑戦してみてはいかが?, 古都・鎌倉は神社仏閣をはじめ、美しい紅葉狩りスポットが盛りだくさん。紅葉狩りついでに街の散策だけでなく、海も近いのでアウトドアアクティビティを併せて楽しむのがおすすめです。今回は人気の紅葉スポットとアウトドアレジャーを紹介します。, 栃木県の日光は都心からアクセスが良く、日帰りでのお出かけにもおすすめ!短い滞在の中で立ち寄りたいおすすめの観光スポットを、目的別にまとめました。紅葉シーズン目前の今、ぜひ日光で観光を楽しみませんか?, 関東の魅力的なバンジージャンプのスポット7ヶ所を紹介!「気軽に体験可能」や「高さ日本一」など、個性豊かなスポットにチャレンジしたくなること間違いなし。これからの季節におすすめ!周辺の紅葉情報も併せてお届けします。, 華厳の滝や中禅寺湖をはじめ、多くの紅葉狩りスポットがある日光は秋に訪れるのが一番!今回は、中でもおすすめの場所を紹介します。都心から電車で2時間ほどで行けるので、秋の小旅行にぜひ出かけてみてください!, 大切なペットをお出かけにも連れて行きたい!そんな思いをかなえる、関東で行けるペット同伴OKのとっておきスポット&レジャーを22ヶ所紹介します。ドッグランからショッピング、アクティビティまで、ペットも飼い主も一緒にお出かけを楽しめるスポットばかり!, 広大なマングローブの森をはじめ原始的な自然を誇る奄美大島は人気のカヌースポット!今回はカヌーツアーに参加する際に用意すべき服装を紹介します。旅の参考にしてみてください。, メディアで取り上げられることが多く、人気のジップライン。どんなアクティビティなのかを解説しながら、体験する際のベストな服装について紹介します!, カヌー・スラロームの競技会場として、葛西臨海公園の隣に作られた「カヌー・スラロームセンター」。10月1日から期間限定で、一般向けラフティングツアーの開催が決定!営業開始に先立ち、人工カヌーコースでのスリリングなラフティングを体験してきました!, 岐阜県の飛騨高山には、情緒ある古い町並みや飛騨牛などのご当地グルメ、自然あふれるスポットなど見どころが盛りだくさん。今回は飛騨高山に行くなら外せない!おすすめ観光スポットをグルメからレジャーまで幅広く紹介します。, SUP初心者におすすめ!STARBOARD(スターボード)「iGO ZEN」は安定感抜群で乗る楽しさを味わえる!, ここ数年人気のSUP(スタンドアップパドルボード)。近頃その楽しさにハマってマイボードを探している筆者がSTARBOARD(スターボード)の「iGO ZEN」に乗ってみました!, 今度のお休みは、子供が主役になれるスポットにお出かけしませんか?都心から日帰りも可能!子供連れで楽しめる関東のお出かけスポットを30ヶ所紹介します。レジャー施設から公園、自然体験まで、子供が笑顔になれること間違いなし!. 4月~5月 屈斜路湖の解氷とともにカヌーツアーが始まります。 陽射しは強く暖かですが、まだ雪が降る日もあります。 水温も10℃以下と低くめです。 気温が低い日には冬の防寒装備も必要です。 桜の開花は、例年5月中頃です。 6月~8月中頃 ・軍手や手袋(秋冬は特に) 春秋でも気温の低い北海道では、カヌーでどんな服装していけばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?「何を着ていけばいいの?」そんな疑問にお答えします。快適に北海道でのカヌーを楽しんでください。 3月カヤックツアーの服装って? 気になるあなたに一発アンサー。 この時期は雨が多いので、雨仕様の服装が多くなっております. シットオン・カヤ�