eq(イコライザー) eq(イコライザー)とは音の特定周波数を増幅もしくは減衰させるエフェクトのこと。 特定の音域が目立って演奏が聴こえづらくなることはよくあるため、不要な部分をカット(減衰)させ、凹んでいる部分をブースト(増幅)させることで演奏を聴こえやすくします。 エレキギターやベースとアンプの間につなぐエフェクターは、正しいつな方をしないと音が出なかったり故障の原因になります。 また、音が出てもつなぎ方に無駄があると見た目が悪く、エフェクターの踏みかえにも影響する可能性もあります。 エフェクターを使おうと思っているギタリストやベーシストは、つなぎ方を確認しておきましょう。 いったいチューニングするときは何ヘルツに合わせればいいんだぁ!?という方向けに周波数とはなんぞやから説明していこうと思います。ギターのチューニングを何Hzですれば良いのかわからない。そもそもチューニングの周波数って何?周波数に合わせたチューニング方法が知りたい! イコライザー(eq)という機能では、音源の周波数を一部調整することで低音を持ち上げたり、音にハリを出したりすることができます。 これにより音量調整とは別に、音がオケに埋もれることなく手前に引っ張り出して来たり、逆に意図的に主張を抑えることができます。 今回はアコースティックギター(スチール弦)のeqポイントを紹介。 エレキギターと似た周波数特性ではあるものの、アンプ等を通さない「ザ・生楽器」なので(エレアコを除く)ボディの鳴りや空気感を感じる成分がより多く含まれている。 ギターやベースの音域の調整にはイコライザーが使われますが、種類もたくさんあるので迷ってしまいます。もしお金に余裕があるならばFree The Tone PA-1Qシリーズの検討はいかがでしょうか?今回はFree The Toneを使うメリッ 【レビューを書いて次回送料無料クーポンGET】MXR M108S 10 Band Graphic EQ エフェクター [直輸入品]【新品】【RCP】, これを試して、低域が重くなり過ぎた感じがしたら、100Hz以下を少しずつカットしましょう。, 元の音ありきなのでこれで絶対とは言い切れませんが、この基本スタイルは意識して良いかと。, 100Hz、250Hzを少しずつカットした後に、8KHzアップ、4KHz少しカット、2KHz少しアップ。, パライコで細かく設定出来る場合は2KHzのQを狭めにして大きくカットするのも良いです。, パライコやグライコなどは、ギターアンプのベース、ミドル、トレブルと違い、分かりやすくしっかり効くのは良いところでもあるのですが、, 極端なイコライジングは逆に音が抜けて来なかったり、ノイズが増えたり、バランスが悪くなってしまう事もあるんです。, まぁ何でもそうですが、掛けすぎには注意して、ギターアンプやギター本体で基本の音作りをして、. エレキギターアンプのmiddleつまみの周波数は何hzから何hzぐらいなのでしょうか、教えてください。 というのも、自作エフェクターにミドルブーストを組み込もうと思ったのですが、肝心の中域の周波数が分からず、どのあたりを増幅させればいいのか分からなくなったからです。 グラフィックイコライザー 各種オーディオ機器に搭載されていることが多く、i-Tunesのイコライザーもこのタイプ。 32Hz/64Hzなど調整できる周波数帯域が指定され、その帯域を強弱させて音質調整する。 今回はアコースティックギター(スチール弦)のEQポイントを紹介。 エレキギターと似た周波数特性ではあるものの、アンプ等を通さない「ザ・生楽器」なので(エレアコを除く)ボディの鳴りや空気感を … ギターイコライザーペダル(Eq)は、基本的で汎用性の高いペダルです。しばしば忘れられたり無視されたりすると、イコライザーペダルは、それを調整し、正確かつ広くモデリングすることによって、私たちのオーディオをより制御することができます。 ギターやベースの音域の調整にはイコライザーが使われますが、種類もたくさんあるので迷ってしまいます。もしお金に余裕があるならばFree The Tone PA-1Qシリーズの検討はいかがでしょうか?今回はFree The Toneを使うメリッ カーステレオ 主に、電気回線の周波数特性などを補正する装置という意味で使われていて、一般にはこちらの意味の「イコライザー」の方がよく耳にします。録音時の特性や、スピーカーの特性の補正などに利用されています。 「イコライザー」の語源とは? イコライザーの使い方を解説します!音楽の音質を調整する方法と周波数の関係について解説します。またおすすめのイコライザー設定も紹介します。低音域・中音域・高音域にはそれぞれ特徴があります。3つの音域の特長を理解してイコライザーの使い方をマスターしましょう。 ベースの音作りをする時に、いきなりツマミを触って音を出すというようなことはしません。正しい手順を踏みながら少しずつ音の特徴を掴んでから、調整して音作りをしていきましょう。 ここでは、ベースの音作りの基礎となる手順について解説します。 ギター音作りに使えるイコライザーオススメセッティングを紹介します。専門のエンジニア的な観点ではなく、ギタリスト的に「太くしたい」「抜けを良くしたい」時に使える便利な設定なので、是非参考にしてみて下さいね!各周波数で変化する雰囲気も書いてみましょう。 イコライザーの使い方 自分好みの音色に調節しよう. こんにちは。ギタリストの鈴木健治@kenjisuzuki_です。 ギターレコーディング連載記事配信のお知らせです。 「ギターレ ... Copyright© 鈴木健治|ギター宅録のススメ , 2021 All Rights Reserved. 根本的な解決はギターやアンプを変えることですが、イコライザーがあれば手軽に音を補正することが出来ます。 「BOSS GE-7」 の場合、7つの周波数帯域にはそれぞれ音の中の役割があります。 ハウリングは特定の周波数帯域が強調されることで生じます。したがって、その帯域を探し出してレベルを下げればハウリングは抑制できます。ここではグラフィックイコライザーを例にして、ハウリングを起こしている周波数帯域の探し方をご紹介します。 ギタリスト鈴木健治監修 音作りからフレーズ構築まで、宅録ギターの便利なノウハウと地方移住日記も。, 多くの場面で使われるイコライザー、略してEQ のオススメセッティングを紹介します。, なんて時にサクッと素早く使える便利な設定のアイデアですので、是非音作りの参考にしてみて下さいね!, それから、これから書くEQのポイントは宅録に限らず、ギターのサウンドメイク全般にも応用出来ますよ。. 最後にギターでヘルツ(周波数)を変える時はどうしたらよいのか?について。 これは非常に簡単です。 他のヘルツ(周波数)にも対応しているチューナーを買う … チューニング ヘルツ(周波数)の変え方. ギターアンプってのは、ただの音量増幅器ではない。 多くの人がギターアンプには音量だけではなく、むしろ重要に思っているのは「音質」の方である。 今回はアンプの周波数特性に着目してアンプのキャラクターを比べてみようと思う。 これは4弦ベースメインの話。5弦になるとLowBかHiCかで周波数は広くなります. エレキギターの場合、周波数帯域が狭いせいか、あらかじめ周波数は3分割されている機種が目立ちます。 ベースギターのプリアンプの方が、パラメトリックイコライザーを装備しているもの … 中音: 150~4KHz ・ ギターコード EQアコギ編!とその前にアコギの周波数特性の説明もまとめて↑オレのオベーションのエレアコアコギアコースティックギターこれも説明不要でしょうw弾き語りの時に使わ… イコライザーとは? イコライザーは、ある特定の周波数の音の出力を調整する機器のことです。 オーディオ機器をはじめ、キーボードやエレキギターなどの電気楽器、ミキサーなどのdj機器、録音をするpa機器で使われています。 こちらはアンプのイコライザーよりも調整できる周波数が多く、より細かい音作りができるようになります。 このページではギター歴10年の筆者が、そんな コンパクトエフェクター型イコライザーのおすすめ を紹介しましょう! つまりこれらの元の「ギターの音」をきちんと意図通りに使い分けることが「太いギターサウンド」を作る重要な要素になります。 ギターのためのeq設定. “サウンドチューニング”について、広く深く解説している当連載。今月のテーマは「イコライザー」だ。そして今週からは、より本格的な内容に踏み込んでいく。今回のお題は「楽器の音域と周波数」。まずは、使いこなすための基礎知識からレクチャーしていく。 この記事は宅録ギターマガジンに掲載された記事の抜粋版になります   こんにちは。ギタリストの鈴木健治@kenjisuzuki_   ... Line 6 Japanの公式サイトで連載中の、「鈴木健治のギターレコーディング・マスタークラス」, 今回は「クリーントーンの理解と使い分け」と題して、エレキギターにおけるクリーントーンについて、歪んでいるクリーン、ギターアンプのスピーカーについて等、僕なりの見解を述べさえて頂いております。, Line 6 Japan の公式サイトで連載中の「鈴木健治のギターレコーディング・マスタークラス」, 今回は「ダブリングの効果的なアイデア」と題して、様々なダブリングの手法やエフェクト処理など実例を交えて解説しています。, ギター録音において、厚みを出したり広がりを加えたりするのに使うダブリングについて、, Mogami(モガミ)とNEUTRIK(ノイトリック) エフェクターでイコライザーは何を変化させるんでしょう? 周波数を変化させると聞きますが、周波数を変化さして何が音的にどんな風に変わるのか分かりません。 イコライザーの使い方 自分好みの音色に調節しよう. 100hz付近にベースらしい低音感があります。 ギター用グラフィック・イコライザーであるge-7は、中心となる周波数を設定し、その上下にオクターヴが異なる周波数帯域を配置しています。 それに対してGEB-7は、GE-7とは違って中高音域を重視した設計になっており、さらに高音域と低音域を広げたような周波数帯域の配置になっています。 基本的な使い方に加えて「どの周波数帯域にイコライザーを使えばいい?」、「ローカットはするべきか?」、「オススメのイコライザープラグインは?」といった内容にも触れています。 ミックスをしてみたいけどよくわからない人の参考になれば幸いです。 中音: 150~4KHz ・ ギターコード イコライザー使ってるけどなんとなく使ってる。。。と言う方も多いと思います。キックは低音ですが、その中にも実は色々な音が混ざっていて、『高音を上げるとアタックが出る』など出来ます。ここでは楽器別にその周波数の特徴を書いています。ただ、録音の方 そもそもイコライザーとは? イコライザーとは、簡単に言うと倍音構成を変化させるエフェクター。 そもそも倍音ってなんだという話ですが、どんな音であっても元となる音の上に、より高い周波数の音が積み重なって、それが音色となっています。 こんにちは。ギタリストの鈴木@kenjisuzuki_です。 つい最近イコライザー設定のテンプレ記事なんて書いといてアレですが ... これまでギタリスト作編曲家として、多くのレコーディングやライブに参加させて頂いて来ました。近年は都心を離れ、緑に囲まれた自宅スタジオで、, ギター、ベース教則アプリ「フレーズストック」の開発に携わっています。ダウンロードは→こちら, -ギターレコーディングテクニック, ギター音作り ギターイコライザーペダル(Eq)は、基本的で汎用性の高いペダルです。しばしば忘れられたり無視されたりすると、イコライザーペダルは、それを調整し、正確かつ広くモデリングすることによって、私たちのオーディオをより制御することができます。 代表的なタイプとして2種類ある. 音も波ですので、周波数という尺度を使うのですね。 音楽に例えて、簡単にご案内すると「低い周波数の音⇒低音」「高い周波数の音⇒高音」と考えてください。 低音: 150Hz 以下 ・低いドラム(バスドラム) ・ベース など. ここでは、ベースのイコライザー周波数帯域毎によってどのように音への影響を与えるか解説します。 イコライザーの使い方がわからない場合の参考になるかと思います。 関連記事: グラフィックイコライザーは1つの周波数帯に対して、 調整できることは、基本的に音量の1つのみです。 それに対しパラメトリックイコライザーは、 調整したい周波数帯、調整する周波数帯域の幅、音量など. グラフィックイコライザー 上の数字が周波数(Hz) ギターアンプでいえば、Bass:100~400Hz,Middle:400~1.6kHz,Treble:1.6~6.3kHz,Presence:6.3kHz~20kHzみたいな感じ下手な人が弾くとこんな感じ 基本的な使い方に加えて「どの周波数帯域にイコライザーを使えばいい?」、「ローカットはするべきか?」、「オススメのイコライザープラグインは?」といった内容にも触れています。 ミックスをしてみたいけどよくわからない人の参考になれば幸いです。 よくギターで「5kHzをブーストしてー」みたいな話はすでにギターの実音を超えて音の倍音部分である周波数を調整していることになります。 さて、実音周波数は82Hz〜1245Hzですが、イコライザーを使っての音作りの帯域は主に次のようになるのが一般的です。 ︎1、ボーカルの周波数メモ *女性の場合 <100Hz近辺をカットして4~8kHz、8kHz以上を上げてみる> 女の声の帯域はそんなにEQ処理しなくともアンサンブルの中でぶつかりまくったりはしないかもしれ … 見るからにメカニックなボディのギターイコライザー。ギターの演奏は好きだけど、イコライザーの扱いはちょっと苦手。, しかし、ギターイコライザーはその原理や周波数について理解するだけで割とすんなり扱えるようになります。, 身近なものだと、オーディオ機器やギターアンプについている『BASS(バス)』や『TREBLE(トレブル)』も、イコライザーの一種です。, そのほかにも、グライコ(グラフィックイコライザー)やパライコ(パラメトリックイコライザー)など、目的や用途によって様々な種類のイコライザーがあります。, ここでは、イコライザーが音質を変える仕組みや、その使い方、設定方法のコツなどを解説していきたいと思います。, 少し退屈かもしれませんが、イコライザーの概念を正しく理解するために、ちょっと我慢(?)をして聞いてください。, 「あー」と声を出すと喉にある声帯(喉ぼとけのあたり)が振動しますし、ギターを弾けば弦が振動します。, ドラムもスティックで叩くことによって、ヘッドやシンバルが振動して、音を発生します。, マイクロホンやギターのピックアップは、その振動を拾って電気に替えることが仕事なのです。, マイクロホンやピックアップで拾った電気は、マイクケーブルやシールドコードの中を流れてミキサーやアンプへ到達します。, これらのコードの中を流れる電気のことを『電流』と言いますが、その流れ方は直流か交流のいずれかになります。, 乾電池の場合、(+:プラス)から(-:マイナス)へ、電池がなくなるまで流れ続けます。, ちなみに、乾電池の(-)は、本当は(0V:ゼロボルト)で、マイナスではありません。, 一般家庭の電気知識のない人向けに、(+)の反対は、(-)と表記しておけば、乾電池を入れる方向を間違えないで済むという目印なのです。, 交流は(+)、(-)、(0V)があり、電気の流れが(+)から(0V)へ流れ、その後、(-)から(0V)へ流れというように、(+)、(-)が交互に(0V)に流れていく電流です。, このような繰り返しが1秒間に1回の交流を『1Hz(ヘルツ)』と言い、この数値のことを周波数と言います。, ちなみに、日本のコンセントが2つしか接点がないのは、(-)と(0V)をくっつけた簡易型の接続になっているからです。, さて、日本のコンセントは100V(ボルト)ですが、この「V」は電気の大きさを表しています。, 単一から単四電池までが1.5Vなので、乾電池と比較してコンセントの電気の量はかなり大きいといえます。, 濡れた手でコンセントを差し込むと感電することがありますが、乾電池でビリっとこないのは、電圧が違うからです。, ちなみに、東日本のコンセントは100V50Hzの交流、西日本のコンセントは100V60Hzと規格が異なっていますので、知らなかった人は、これを機会に覚えておいてください。, この三要素が、オーディオ信号(交流)と、どんな関係があるかを理解することが、イコライザーを使いこなすキーポイントになります。, 周波数に関しては、先ほど説明しましたので、ここでは省略しますが、1秒間に(+)、(-)の繰り返しが多い交流ほど、アンプから出てくる音程は高くなります。, ギターでいえば、5弦3フレットの「C(ド)」よりも2弦1フレットの「C(ド)」の方が、周波数が高いということです。, 交流波形で山の高さ、谷の深さがそれにあたり、その上下(山と谷)の幅を『振幅』と言います。, アンプで音量を大きくすることを『増幅』と言いますが、これはアンプで電圧を高くする(=振幅を大きく増やす)ことを意味します。, ちなみに、オーディオ信号の場合、電圧の単位がV(ボルト)ではなく、dB(デシベル)になりますので、併せて覚えておいてください。, 音色と書いて、「おんしょく」とか「ねいろ」と読みますが、これは、楽器や人間の声の違いなど、その音の持っているキャラクターのことです。, このように、同じポジションで同じコードを弾いても、違うメーカー、違う楽器というのがわかるのは、音色が違うからです。, 人間の聞こえる音の高さ(可聴範囲と言います)は、【20Hz~20,000Hz】と言われています。, (実際に何人かに試してみましたが、大体、40Hz~16,000Hzくらいまでしか聞こえませんでした), 単純に特定の周波数の音だけ出すと、音が出るギターチューナーから出てくるような「プー」とか「ピー」という音になりますが、それは電気的に作り出した音で、自然界には存在しないものです。, 皆さんが普段聞いているのは、可聴範囲のいろいろな周波数が混ざり合った音で、それらの音の周波数構成で音色ができるのです。, つまり、音色が違って聞こえるということは、楽器ごとに鳴っている周波数の組み合わせが違うということなのです。, ・イコライザーは、20Hz~20,000Hzの中から、特定の周波数をチョイスする。, ・その周波数の音量を上げる(又は下げる)ことにより、音の周波数特性を変化させる。(音色を変える), つまり、20Hz~20,000Hzの中から70Hzを選択して音量をあげると、他の周波数の音量はそのままで70Hzの音量だけが上がるので、全体の音質が重くなるという効果が得られるのです。, 又、12,000Hzの音量をチョイスしてあげれば、シャリシャリとした歯切れのよい音になります。, このように、特定の周波数の音量を操作することで、音質を変化させるのがイコライザーの原理なのです。, ギターアンプに装備されているBASS(バス:低音)、MIDDLE(またはMID・ミドル:中音)、TREBLE(トレブル:高音)のコントロールは、一番、操作が簡単なイコライザーです。, コントロールツマミの中央に「0」の刻印があるアンプは、右へ回すとブースト、左へ回すとカットになります。, 左へ回し切ったところに「0」、右へ回し切ったところに「10」と刻印されているアンプは、右回り(時計方向)にブースト量が増える設定です。, ギターアンプのトーンコントロールが、どの周波数に効いているのかというデータは、メーカーからは公表されていませんので不明です。, ネットで調べてみても、MIDDLEに関しては、300Hz~600Hzと書かれている音楽雑誌もありますし、600Hz~800Hzが一般的と紹介しているサイトもあり、一概には言えません。, 【Tone Stack Calculater】というフリーソフトで、Mac用もあるようです。, フェンダー、ヴォックス、マーシャルなど、有名なギターアンプのトーンコントロールの周波数や効き具合がグラフで確認できるというものです。, MID     :なし(BASSとTREBLEを操作するとMIDの音域も上下します), このソフトを使って音作りをすれば、それぞれの有名ギターアンプメーカーのサウンドが再現できるかもしれませんね。, ちなみに、アンプによっては、Presence(プレゼンス)が付いているものがありますが、これはTREBLEよりも高い周波数に効くツマミです。, 可変抵抗(素子と言います)には、あらかじめ周波数が割り当てられていて、左側から右側に向かって周波数が高くなっています。, 素子は、中央の位置でフラット、上方向でブースト、下方向でカットなので、ユーザーは見当をつけた周波数の素子を上下するだけでOKです。, 素子を上下させた様子がグラフのように視覚的に確認できることから、グラフィックイコライザーと呼ばれています。, スマホやパソコンのアプリでも提供されているので、使ったことがある人も多いのではないでしょうか?, 音場とは音楽(又は音)を聴く場所のことで、レコーディングスタジオのコントロールルームやDTMの製作ルーム、ライブの場合はライブ会場などがあります。, レコーディングスタジオの場合は、スタジオ開設時にモニタースピーカーからホワイトノイズを出し、標準マイクとスペクトルアナライザーで室内の音響特性を確認しながら、グラフィックイコライザーで、ピークポイントやデットポイントを補正していきます。, 一方、ライブ会場では、PAミキサーさんが、機材をセッティングした後に、会場内のハウリングポイントをチェックしながら、グラフィックイコライザーを使って、その周波数帯域をカットし、ハウリングが起きにくいように調整していきます。, グラフィックイコライザーは、周波数が固定になっているので、ブーストかカットをするだけで良かったのですが、パラメトリックイコライザーは、周波数も可変になっていますので、慣れるまでは取り扱いが難しいと思います。, パラメトリックイコライザーは、グラフィックイコライザーよりも操作するパラメーターが多いので、それらについて説明しておきます。, パラメトリックイコライザーは、イコライザーをかける周波数が可変できるので、回転式のツマミで操作する機種が多いです。, 機種によっては、dBと印字されているものもありますし、ブースト側に(+)、カット側に(-)と書かれているものもあります。, Frequencyでチョイスした周波数を中心に、イコライザーのかかる範囲をどのくらい広くするか、狭くするかという周波数帯域(Bandwidh:バンドワイズ)をコントロールするパラメーターです。, Qを狭くすると、ピンポイントでかかるので音にクセが付けやすく、広くすると全体的な音質が変わります。, 機種によっては、SensitivitiyやSENS、BELLと表記されているものもあります。, ピーキングはフリケンシーでチョイスした周波数を中心に山型(ブースト)や谷型(カット)にかかります。, 一方で、シェルビングは選択した周波数以上(又は以下)の周波数成分を上下させるかかり方をします。, 選択した周波数より高い周波数に効くのがハイシェルビング、低い側がローシェルビングと言います。, レコーディングやPAなどの音響関連では、グラフィックイコライザーは補正目的の用途が多いのですが、パラメトリックイコライザーは「音作り」をするための加工目的の用途が多いです。, グラフィックイコライザーと比較すると、一度に操作できる周波数帯は少ないですが、かかり方はグラフィックイコライザーよりも強力です。, BOSS『Equalizer GE-7』(7素子±15dB・レベルコントロール±15dB):12,100円, Maxon『Graphic Equalizer GE601』:(6素子±12dB・レベルコントロール±12dB)11,800円, MXR『M180S 10 Band EQ』(10素子±12dB・ボリューム、ゲイン±12dB):13,970円, BEHRINGER『EQ700』(7素子±15dB:レベルコントロール±15dB):3,388円, 一方、ROWIN GT EQも乾電池は使えず、DC9V(センター-)のアダプターのみの駆動となっています。, イコライザーは周波数別のボリュームコントロールなので、ブーストすればノイズは増えます。, ですから、ノイズが気になる人は、ノイズリダクション機能が付いたMXRの2機種から選択すれば良いと思います。, ただし、DCアダプターが別売りだとしたら、BEHRINGERの方が安いかもしれません。, 今回、特集しているグラフィックイコライザー以外にも、別の記事で取り上げたノイズサプレッサーも機能やデザインが, サウンドやノイズ面をコスパということで納得できれば、BEHRINGERでも十分だと思います。, ギター用のパラメトリックイコライザーは、グラフィックイコライザーよりも品数が多くありません。, ARTEC『SE-PEQ』(1バンド:FREQ・GAIN・WIDTH・LEVEL)5,735円(アマゾン), WMD『Utility Parametric EQ』(3バンド:Low/Mid/High それぞれにFREQ/Q/Level装備・マスターレベル)26,847円(サウンドハウス), 又、面白いところでは、amazonで、3バンド、ペダルタイプのパラメトリックイコライザー自作キットが販売されています。, 『B.Y.O.Cビルドユアオウン湖ローンエフェクター製作キットParametric EQ Kit【国内正規品】』15,719円, 「Levelコントロールによって30dB以上のブーストに対応」と付け加えられています。, それ以上、詳細な説明やパラメーターの記載はありませんが、完成形の画像を観察すると、全部でツマミが10個ありますので、3バンドそれぞれに、FREQ、GAIN、Qが装備され、残り1個はLevelだと思われます。, 3バンドのペダル式パラメトリックイコライザーというだけでも希少なので、はんだ付けに自信がある人は、トライしてみてはいかがですか?, 市販されているギター用パラメトリックイコライザーの種類は少なく、ペダル式プリアンプとして、歪み系エフェクターにBASS、MIDDLE、TREBLEをプラスした製品が多く販売されています。, エレキギターの場合、周波数帯域が狭いせいか、あらかじめ周波数は3分割されている機種が目立ちます。, ベースギターのプリアンプの方が、パラメトリックイコライザーを装備しているものが多いです。, MOOR『Micro Preamp 018』(VOL、GAIN、TRE、MID、BASS、Ch切替 A/B):9790円, TECH21『Sansamp GT2』(LEVEL,HIGH、LOW、DRIVE・MIC/MOD/AMP切替):18,500円, この中で、どれをチョイスするかと言えば、私はプリアンプの定番であるSansampです。, イコライザーの種類と特徴について解説してきましたが、ここまでの結論として、グラフィックとパラメトリックのどちらをチョイスすればいいのかを考えてみましょう。, 私はミキシングエンジニアでもあるのですが、グラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーについての認識は以下のように分類していました。, グラフィックイコライザー:補正機器:音場の音響特性の補正、ハウリング防止(消極的な使い方), パラメトリックイコライザー:加工機器:音作り、イメージした音に加工するエフェクター(積極的な使い方), レコーディング機器やPA機器など、音響機器ではよく見かけるパラメトリックイコライザーなのですが、今回、この記事を書いていて、ギターエフェクターとしてのペダルタイプのパラメトリックイコライザーが少ないことに驚きました。, そこで、色々なギタリストに話を聞くと、「グラフィックイコライザーの方が使いやすい」という意見ばかりが寄せられました。, ・グラフィックイコライザーは素子が少ない機種でも5バンドはあるが、パラメトリックイコライザーは、1バンド~3バンドしかない。, ・ギターの音がこもっているなどの場合、TREBLEを上げてBASSを下げるなど、複数の周波数を操作するのだが、パラメトリックイコライザーは、それができない。, ・グラフィックイコライザーは、周波数は印字されているので、ブースト・カットだけすれば良いのだが、パラメトリックイコライザーはFREQやQなど、操作が複雑だから面倒くさい。, なるほど、彼らのセッティングを観ていると、基本的な音はアンプで作り、そこから先を作り込むためにイコライザーを使うので、どのギタリストも、ブースト・カットをフルにしている人はいませんでした。, 先ほども申し上げましたが、私はミキシングエンジニアでもあるので、ギターアンプでの音作りはほどほどにして、イコライザーで音を作る習慣が付いていました。, どうやら、ギタリストとしてのグラフィックイコライザーの使い方を間違えていたようです。, 確かに、話を聞かせてもらったギタリストたちの使い方をしていれば、グラフィックイコライザーの方が、数段使いやすいです。, 今回リストアップしたペダルイコライザーの中では一番高価ですが、以下の理由で選びました。, ちなみにBOSSからは、2系統10バンドのグラフィックイコライザー『EQ-200』も販売されていますが、こちらはやや値段が高いことと、USBやらMIDI入出力が装備されており、話が複雑になりそうなので、詳しく知りたい方はコチラの記事をご参照ください。, ギタリストの皆さんには、「何Hzを上げるとどうのこうの・・」という話よりも、BASS、MIDDEL、TREBLEと言ったほうが分かりやすいと思います。, クリアサウンドなどで、エッジの効いた切れの良い音になります。歪み系にかけるとキンキン、ジャリジャリした耳障りな音になる場合もあります。, ギターソロは、MIDDLEをブースト、BASS、TREBLEを押さえたほうが、粘りやコシがあるサウンドになります。, ドンシャリを極めたディストーションサウンドにすると、ビッグマフのようなファズサウンドになります。, しかし、あまりMIDDLEを下げすぎると、バンドの中で埋もれてしまう音になりますので、注意してください。, では、次にイコライザーは、エフェクターの中で、何処に繋ぐのが効果的なのかを考えてみましょう。, コンプレッサー、ディストーションの後、リバーブやディレイの前が基本的な接続場所です。, ワウペダルもイコライザーの一種(ペダルを踏み込むことで、パラメトリックイコライザーの周波数を上下させて音色を変化させる構造)なので、ディストーションの後につなぐと強力にかかります。, 逆に、ディストーションの前に繋いでも悪くはありませんが、その場合は、かかり方がマイルドになります。, 又、個人的な使用法でしたが、BOSSのGE-7をエフェクターの最後に繋ぎ、EQ部分は操作せずに、LEVELだけ上げて、ソロの時にオンにしてボリュームペダル代わりに使っていました。, ギターの音作りを中心に、イコライザーの話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?, イコライザーは、『均一化(equalize)するもの』という意味で、イコライズの語源は『イコール』からきています。, つまり、本来、イコライザーは、マイクロホン、レコーダーやスピーカーなどの周波数特性を補正し、均一化するために開発されたオーディオ機器なのです。, ですから、グラフィックイコライザーは、音響業界では、音場補正機器として使われているのです。, しかし、ギターイコライザーとしては、取り扱いが簡単で、十分に効果が得られることから、グラフィックイコライザーの方が、普及しているようです。, 一方で、レコーディングやPAで使われるミキシングコンソールにもイコライザーが装備されていますが、こちらはパラメトリックイコライザーです。, パラメトリックイコライザーは周波数が可変式なので、取り扱いには慣れが必要ですが、ここでは話が長くなるので、別の機会に回すことにします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, BOSS/EQ-200 GRAPHIC EQUALIZERのレビュー!使い方も解説, EQ-200とは、BOSSから発売された次世代型グラフィック・イコライザーです。一般的なグラフィック・イコライザーとは異なり、LCDディスプレイ、メモリー機能、MIDI接続対…, DIGITECH/Whammy DTのレビュー!効果的な使い方やWhammy5との違い, この機能で2二番目に高価なBOSS GE7(7素子、1ボリューム、1アウト、アダプター別売、ノイズリダクションなし)との差額が1,870円なのですから!.