ユーラシアニズム―ロシア新ナショナリズムの台頭チャールズ・クローヴァーnhk出版応援に感謝、励みになります! どうしてプーチン人気は落ちない?出生率まで伸びている世界の七不思議のように、西側陣営の論者が、嘆き半分で、以下のようなコラムをロイターに書いていた。 出産したくない、出産を敢えてしない、中国の出生は2019年に再び落ちる . 1 :2019/12/13(金) 17:16:30.38 ID:VA2OKXkI0.net 出産したくない、出産を敢えてしない、中国の出生は2019年に再び落ちる 2019年の出生数の減少 数日前、「2019年の推定出生率は約1,1 中国はいま日本の10年前のような感覚で、出生率は致命的なのに、現在は人口が増えているので危機を実感していない。 中国政府は長年続けてきた「一人っ子政策」を2016年に廃止し「2人っ子政策」にし、2016年は出生数が増えた。 | 実はこのニュースは韓国でも報じられており、韓国ネット民たちの間では「韓国より酷い」「国は金持ちでも個人は貧乏」という痛烈な皮肉もあるらしい。 (関連記事:「韓国より酷い」「国は金持ちでも個人は貧乏」…日本の“子供の貧困率”の高さを韓国が冷笑) 実際、韓国の子供の貧困率は日本よりも圧倒的に低い。 保険社会研究院ヨ・ユジン基礎保障研究室長が6月6日に公開した「児童貧困の推移と含意」によると、韓国の子 … その第1回のテーマとして取り上げたのが「韓国の人口問題」である。2月27日、2018年の韓国の出生率が0.98にまで落ち込んだことが発表された。 西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば福岡県内の養豚農家で某コンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ奇形や死産が相次いでいたことが分った。具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は「公表するとパニックになる」と説明 出生率1.18でも中国があと10年成長するワケ | 日本人の知らない 中国ビジネスの真実 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準. 今回は中国経済について考えてみたいと思います。その前に中国の人口の話からしてもいいと思います。, 端的に言うと、中国から出てくる統計は全てが嘘だと断言しても良いです。ですからGDPが捏造なのは当然であり、国家のもっとも基礎資料である人口統計さえ捏造であると考えられます。, 一応、公式に発表している中国の人口は2017年末の時点で、13億9008万人となります。そして男性が7億1137万人、女性が6億7871万人で、男性は女性よりも3266万人多くなっているそうです。, https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180120/Recordchina_20180120012.html, 米専門家は、中国政府が推測した2015年の出生率は1.6人だったが、実際の出生率が1.05人まで低下したとの見方を示した。また、中国政府が発表した2016年末時点の人口は13億8000万人について、実際の数字12億9000万人(推測値)を9000万人上回ったと指摘した。, つい最近まで一人っ子政策をやっていた国が人口を少なく発表するというのも変な話ですが。, 逆に中国の人口はもっと多いという説もあります。農村部では一人っ子政策に従わず、隠して第二子、第三子が生まれているという話もあります。, どちらが本当なのでしょうか?無責任な言い方ですが、私も真実は分かりません。でも分からないなりに推測してみましょう。, 1、今時、農村部でも労働力としての子供は必要ないので、隠してまで第二子、第三子を設けるメリットはない。, 2、東アジア圏では出生率が低い(韓国、台湾、香港、マカオ、シンガポール)、国々と近い文化圏なので中国も出生率が低くなっていると思われる。, 3、中国は女子は出産は嫌われ間引きや中絶が行われやすい。そのため、男女比に歪みがあるため、婚姻率が下がっていると思われる。, 従って、中国はかなりの少子高齢化が進んでいるものと推測される。そして中国は年金制度や健康保険制度などの社会福祉がほとんど無いに等しい。ですからこの点について相当な矛盾を抱えているものと推測される。, しかし誤解してもらっては困りますが、中国は様々な内部矛盾を抱えようとも独裁政権で反乱や暴動が起きれば機関銃で弾圧すれば良いだけである。だから簡単には崩壊しないのである。, 丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。, keizaikakumeiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 人口減少でアジアの時代は終わる中国の人口減少カウントダウン世界の主要国はすべて出生率2.0を割り込み少子高齢化が進んでいて、中国も例外ではない。中国は西側のような出生率を発表していないが、公式発表を元にすると1.6(2017年)になる。中国の出生数は2019年に1465万 しかし、真実の人口はもっと少ないと言う推定もあります。 米専門家は、中国政府が推測した 2015 年の出生率は 1.6 人だったが、実際の出生率が 1.05 人まで低下したとの見方を示した。 人口は国力である。しかし、14億の人口を抱えるにいたった中国の前途は必ずしも明るくない。2015年まで続いた産児制限、いわゆる一人っ子政策の影響などにより、中国社会は、急速な高齢化が進んでいる。出生率の低下も続いている。 台湾の出生率は1.17と日本よりも低く、人口に占める65歳以上の高齢者の割合が今年3月末に14%を超えて高齢社会に突入。中国からの統一圧力が強まる中で、少子高齢化は安全保障問題にも結び付きかねず、対策を迫られている。 『‌中国 人口減少の真実』 村山宏著 920円(日本経済新聞出版社) 世界最多の人口を抱える中国。発展を遂げてきたこの国で、人口減少が始まると、何が起きるかを考察していく。 中国政府がこのほど発表した人口調査の結果によると、中国の出生率は期間合計特殊出生率の半分にも及ばないことが判明し、専門家を驚かせています。政府は「一人っ子政策」を緩和しましたが、なぜ出生率は依然として減少しているのでしょうか? しかし、真実の人口はもっと少ないと言う推定もあります。 米専門家は、中国政府が推測した2015年の出生率は1.6人だったが、実際の出生率が1.05人まで低下したとの見方を示した。 中国の2017年の出生数は1723万人で、前年の1786万人を下回り、出生率は1.24パーミルになった。これは日本の1.43パーミルより低い数字だ。(イメージ写真提供:123RF) (村山健二) 中国の出生率ですが、過去40年を見ると、2.5から1.6あたりで推移しており、日本より常に高い数値を維持しています(今後はどうなるか分かりません)。 šã¨ä¸­å›½é«˜é€Ÿé‰„道を比較したら・・・どっちに軍配が上がる?=中国メディア. 数日前、「2019年の推定出生率は約1,100万、崖のような減少」というタイトルのメッセージが広まり、 今年11月17日の時点で、この国の出生人口は1,016万人であり、2019年には1か月あります。 出生人口は1100万人未満です。 2019年の出生数の減少 . 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。. ブログを報告する, が捏造なのは当然であり、国家のもっとも基礎資料である人口統計さえ捏造であると考えられます。. 数日前、「2019年の推定出生率は約1,100万、崖のような減少」というタイトルのメッセージが広まり、